ジョブフローの注意/制限

ジョブフローについて(ApeosPortシリーズのみ)

  • ファクスまたはインターネットファクス文書を、SMB、FTP、またはメールで転送する場合、定形サイズ(A4、A3など)に変換して出力されます。

  • 次の設定でジョブフローを行った場合は、干渉縞(モアレ)が発生する可能性があります。

    • 原稿の画質:[文字/写真]、[写真]

    • 読み取り解像度:[400dpi]、[600dpi]

    • インターネットファクス送信のインターネットファクスプロファイル:[TIFF-S]

  • 干渉縞(モアレ)が発生する場合は、次の設定に変更してください。

    • 読み取り解像度:[200dpi]、[300dpi]

    • インターネットファクス送信のインターネットファクスプロファイル:[TIFF-F]、[TIFF-J]

外部アクセス機能について(ApeosPortシリーズのみ)

  • 外部サーバーに格納してあるファイルをプリントする場合には、次の条件や制限があります。

    • [排出先]の指定はできますが、ホチキスやパンチなどの指定はできません。

    • [まとめて1枚(Nアップ)]の機能は、PDFファイルをプリントする場合だけ使用できます。

    • 本機と外部サーバーとの通信には、HTTPまたはHTTPSが使用できます。

    • プリント可能なファイル形式は、[TIFF]、[PDF]、[XPS]、[DocuWorks]です。

    • 印刷データは、本機のハードディスクに一度スプールされたあとに、ジョブとしてプリントを開始します。したがって、ハードディスクへのスプール中は、ジョブとしては認識されません。

    • セキュリティープリントは使用できません。

    • [仕様設定]>[共通設定]>[システム時計/タイマー設定]で[プリント起動]が[する]に設定されているときでも、プリントできます。

    • ジョブ確認の画面表示は、「外部アクセスプリント」になります。

    • 印刷データのスプール中は、データランプは点灯しません。

    補足
    • 「XPS」とは、「XML Paper Specification」の略です。

ジョブフローの高圧縮対応について

スキャン機能の[出力ファイル形式]の[高圧縮(MRC)]を[する]に設定する場合は、次のように設定してください。

  • カラーモード:[自動]、[フルカラー]、[グレースケール(256階調)]

  • 読み取り解像度:[200dpi]、[300dpi]

  • 読み取り倍率:[100%]

  • 出力ファイル形式(サムネール指定なし):[PDF]、[DocuWorks]、[XPS]

  • 出力ファイル形式(サムネール指定あり):[DocuWorks]、[XPS]

注記
  • 上記以外の設定の場合には、高圧縮設定が解除されてジョブフローが実行されます。

    ただし、PDFでサムネール指定した場合には、サムネール指定の解除のみ実行されます。

補足
  • 「XPS」とは、「XML Paper Specification」の略です。

ジョブフローの宛先について

本機でジョブフローを作成するとき、宛先表に登録された短縮番号や宛先で指定した場合、ジョブフロー作成後に、宛先表の短縮番号や宛先を変更しても、ジョブフローに変更内容は反映されず、変更前の宛先に送られます。変更後の宛先に送りたい場合は、ジョブフローの宛先も変更してください。