ハードクリップエリア

HP-GLモードでは、印字可能エリアとは別に、用紙によって作画可能な領域が決まっています。この領域はハードクリップエリアと呼ばれ、ペンが移動する最大範囲を決定します。したがって、ハードクリップエリアを超えて作画することはできません。本機では、次の中からハードクリップエリアを選択します。

  • 標準

    本機の印字可能エリアをハードクリップとして定義します。

  • 用紙

    用紙と同じサイズをハードクリップエリアとして定義します。しかし、実際にプリントできる領域は印字可能エリア内のみとなります。

    ハードクリップエリアの設定は、 HP-GLエミュレーションモード設定、またはハードクリップの指定コマンド&Iで行うことができます。

    下図の座標値は、A3サイズで原点が左下(HP-GL/2でオートレイアウト時)に設定されている場合です。

image