DocuWorksダイレクトプリントを使用するには

DocuWorksダイレクトプリントとは、DocuWorksファイルをプリンタードライバーを使わないで、直接lprコマンドなどを使ってプリントする機能です。DocuWorksダイレクトプリントを使ってプリントする場合、次の項目は[プリンターモード]の[DocuWorksプリント設定]の設定に従ってプリントされます。

  • 出力部数

  • レイアウト

  • 両面

  • 用紙サイズ

  • 印刷モード

  • カラーモード

  • ソート

注記
  • DocuWorks文書をダイレクトプリント方式でプリントすると、デバイスフォントに置き換わってプリントされます。DocuWorks文書をコンピューター上で表示した場合やプリンタードライバー経由でプリントした場合とは、フォントの違いなどから見栄えが異なりますので注意が必要です。

  • DocuWorks Desk Ver.7.0とContentsBridgeの組み合わせた場合だけ、コンピューターの画面表示どおりのフォントでプリントされます。

補足
  • lprコマンドを使ってプリントする場合、部数の指定はlprコマンドで行います。[DocuWorksプリント設定]の「部数」の設定は無効になります。なお、lprコマンドで部数の指定をしない場合は、1部として処理されます。

  • lprコマンドを使ってDocuWorksファイルをプリントする場合は、操作パネルまたはCentreWare Internet Servicesを使って、本体側のLPDプロトコルを起動しておく必要があります。

DocuWorksダイレクトプリント機能の設定項目

DocuWorks ダイレクトプリント機能で設定できる項目について、説明します。

弊社ユーティリティの「ContentsBridge」を使用しないでDocuWorksファイルをプリントする場合は、ここでの設定が有効になります。

補足
  • ContentsBridge Utilityを使用してDocuWorksファイルをプリントする場合は、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内の『メディア情報』を参照してください。

設定項目

項目番号

設定値

出力部数

501

プリントする部数を設定します。

【1~999】(初期値:1):1~999枚

両面

502

両面プリントを設定します。

【0】(初期値) :しない

【1】:長辺とじ

【2】:短辺とじ

長辺とじは、用紙の長い辺でとじた場合に、正しい向きで読めるように両面プリントを行います。

短辺とじは、用紙の短い辺でとじた場合に、正しい向きで読めるように両面プリントを行います。

印刷モード

503

画質を優先するか、速度を優先するかを設定します。

【0】(初期値) :標準

【1】:高速

【2】:高画質

標準は、標準的な速度、画質でプリントします。

高速は、速度を優先してプリントします。

高画質は、プリント速度は遅くなりますが、画質を優先して、よりきれいにプリントします。

ソート

504

複数部数を、1 部ごとにソート(1、2、3...1、2、3...)してプリントするかどうかを設定します。

【0】(初期値) :しない

【1】:する

レイアウト

505

プリントするときのレイアウトについて設定します。

【0】(初期値) :自動倍率

【2】:2アップ

【3】:4アップ

【4】:100%(等倍)

自動倍率は、プリントする用紙サイズに対して、最も拡大率が大きくなるように、自動的に倍率が設定されてプリントされます。

2アップは、1枚の用紙に、2ページ分の原稿を割り付けてプリントします。2アップを選択した場合、用紙サイズは、A4固定になります。

4アップは、1枚の用紙に、4ページ分の原稿を割り付けてプリントします。4アップを選択した場合、用紙サイズは、A4固定になります。

用紙サイズ

506

プリントする用紙のサイズを設定します。

【0】(初期値) :自動

【1】:A4

自動は、プリントするDocuWorksファイルの原稿サイズと設定に応じて、自動的に用紙サイズが判別されます。

カラーモード

507

カラーでプリントするか、白黒でプリントするかを設定します。

【0】(初期値):自動

【2】:白黒

自動は、原稿のページごとにカラーか白黒かが自動的に判断されます。白黒以外の色が使われている場合はカラーでプリントされ、白黒だけが使われている場合は白黒でプリントされます。