ESC/Pエミュレーションを使用するには

ESC/Pエミュレーションを使用する方法について説明します。

エミュレーションについて

本機で使用できるプリント言語のエミュレーションについて説明します。

プリントデータはある規則(文法)に従ったデータになっています。本機では、この規則(文法)をプリント言語といいます。

本機が対応しているプリント言語は、ページ単位にイメージを作るページ記述言語と、他のプリンターでのプリント結果に近い結果を得ることができるエミュレーションに分類できます。なお、他のプリンターでのプリント結果に近い結果を得ることをエミュレートするといいます。

エミュレーションモード

本機が対応するページ記述言語以外のデータをプリントするときは、本機をエミュレーションモードにします。エミュレーションモードと、エミュレートするプリンターの対応は、次のとおりです。

エミュレーションモード

エミュレートするプリンター

ESC/Pエミュレーションモード(ESC/Pモード)

VP-1000

ホストインターフェイスとエミュレーション

ホストインターフェイスごとに、対応するプリント言語は異なります。プリント言語に対応しているホストインターフェイスは、次のとおりです。

  • USBポート

  • LPDポート

  • IPPポート

  • Port 9100ポート

  • WSDポート

補足
  • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

プリント言語の切り替え

本機は、マルチエミュレーションに対応しています。このため、対応するプリント言語の切り替えができるようになっています。

対応するプリント言語を切り替える方法は、次のとおりです。

コマンド切り替え

対応するプリント言語を切り替えるコマンドを用意しています。本機は、コマンドを受け取ると、対応するプリント言語に切り替えます。

自動切り替え

ホストインターフェイスが受信したデータを分析し、プリント言語を自動的に特定します。そして、対応するプリント言語に切り替えます。

インターフェイス従属

CentreWare Internet Servicesを使って、ホストインターフェイスごとにプリント言語を設定します。データを受信したホストインターフェイスに合わせて、対応するプリント言語を切り替えます。