内蔵フォント

標準で次のフォントを使用できます。

アウトラインフォント

搭載されているアウトラインフォントと、使用できるページ記述言語、またはエミュレーションモードとの関係は、次のとおりです。

なお、標準で搭載されているアウトラインフォントは、PostScript(オプション)では使用できません。

書体

ART EX

ART IV

ESC/P

PDF Bridge

Docu-Works Bridge

和文

平成明朝体W3*

平成角ゴシック体W5*

欧文

ローマン

サンセリフ

Arial

Arial Italic

Arial Bold

Arial Bold Italic

Century

Courier

Courier Italic

Courier Bold

Courier Bold Italic

GoldSEMM

GoldSAMM

Symbol

Times New Roman

Times New Roman Italic

Times New Roman Bold

Times New Roman Bold Italic

ITC Zapf Dingbats

Wingdings

OCRBLetM

●:標準装備

*: JIS2004対応フォント

補足
  • ART EXでは日本語2書体のJIS第一水準、第二水準の文字はJIS2004の字形で出力されます。

  • ART IV では、次の対応で指定します。

    • Arial: CS Triumvirate

    • Arial Bold: CS Triumvirate Bold

    • Arial Italic: CS Triumvirate Italic

    • Arial Bold Italic: CS Triumvirate Bold Italic

    • Courier: CSCourier Medium

    • Courier: CSCourier Bold

    • Courier: CSCourier Oblique

    • Courier: CSCourier Bold Oblique

    • Times New Roman: CSTimes

    • Times New Roman: CSTimes Bold

    • Times New Roman: CSTimes Italic

    • Times New Roman: CSTimes Bold Italic

    • Symbol: CSSymbol