"018-001" - "020-999"

エラーコード

原因/処置

018-400

IPsecが有効になっているが、IPsec設定に不整合があります。

  • [認証方式]に[事前共有鍵]が設定されているがパスワード設定されていない

  • [認証方式]に[デジタル署名]が設定されているがIPsec証明書が設定されていない

IPsec 設定の不整合を解消して、再度IPsec を有効にしてください。

  • [認証方式]に[事前共有鍵]が設定されている場合、パスワードを設定する

  • [認証方式]に[デジタル署名]が設定されている場合、IPsec 証明書を設定する

018-401

[IP動作モード]と[SIPサーバーアドレス取得方法]または[SIPプロキシサーバー設定]、[SIPレジストラサーバー設定]に不整合があります。

次のどれかの方法で処置をしてください。

  • [IP動作モード]が[IPv4モード]で[IPv4-IPアドレス取得方法]が[手動で設定]の場合、[SIPサーバーアドレス取得方法]は[手動で設定]にしてください。

  • [IP動作モード]が[IPv4モード]で[IPv4-IPアドレス取得方法]が[手動で設定]以外の場合、[SIPサーバーアドレス取得方法]は[手動で設定]または[DHCPから取得]にしてください。

  • [IP動作モード]が[IPv6モード]の場合、[SIPサーバーアドレス取得方法]は[手動で設定]または[DHCPv6から取得]にしてください。

  • [IP動作モード]が[手動で設定]の場合、[SIPプロキシサーバー設定]と[SIPレジストラサーバー設定]の[プライマリーサーバー‐IPアドレス]や[セカンダリーサーバー‐IPアドレス]は必ず設定してください。

  • IPv4 は、IPv4アドレスまたはFQDN 文字列で、IPv6 は、IPv6アドレスまたはFQDN 文字列で設定してください。

  • アドレスをFQDN文字列で設定した場合、DNSで正しくアドレス解決ができるように、DNS の設定を行ってください。

018-402

以下のいずれかの原因で、SIPレジストラーサーバーへの本機の情報登録に失敗しました。

  • DHCPまたはDHCPv6でSIPサーバーアドレス情報を取得できなかった。

  • 手動設定したSIPレジストラーサーバーと通信できなかった。

  • DHCPまたはDHCPv6で取得したSIPレジストラーサーバーと通信できなかった。

  • SIPレジストラーサーバーと通信できなかった。

次のどれかの方法で処置をしてください。

  • [SIPサーバーアドレス取得方法]がDHCPまたはDHCPv6の場合、本機とDHCP サーバーまたはDHCPv6 サーバーとの通信が正しく行える状態にあるかを確認してください。ケーブル抜けやスイッチ/ ハブの異常などがないかを確認してください。

  • [SIPサーバーアドレス取得方法]がDHCPまたはDHCPv6の場合、DHCP サーバーまたはDHCPv6 サーバーが起動していることを確認してください。また、SIPサーバーアドレスを配布できる設定になっているかを確認してください。

  • [SIPサーバーアドレス取得方法]が手動設定の場合、設定したアドレスが正しいかを確認してください。アドレスをFQDN 文字列で設定した場合、DNS で正しくアドレス解決できるようにDNS 設定を行ってください。

  • [SIPサーバーアドレス取得方法]をDHCPまたはDHCPv6に設定している場合、DHCP サーバーまたはDHCPv6 サーバーが配布しているSIPサーバーアドレスが正しいかを確認してください。

  • 本機とSIPレジストラーサーバーとの通信が正しく行える状態にあるかを確認してください。ケーブル抜けやスイッチ/ハブの異常などがないかを確認してください。

018-403

認証エラーでSIPレジストラーサーバーへの本機の情報登録が失敗しました。

SIPレジストラーサーバーが認証を必要とする設定の場合、本機のSIPレジストラーサーバー設定で認証ユーザー名とパスワードを正しく設定してください。

018-404

認証エラー以外のその他のエラーでSIPレジストラーサーバーへの本機の情報登録が失敗しました。

SIPレジストラーサーバーが本機からの情報登録を受け付ける設定になっているかを確認してください。

018-405

LDAP認証エラーで認証に失敗しました。

認証先のアクティブディレクトリーでアカウントが無効に設定されています。または、サーバー側でアクセス禁止の設定になっています。サーバー管理者にお問い合わせください。

018-406

Ethernet1とEthernet2を独立したネットワークに接続した場合に、同一のIPv4 アドレスが設定されたことを検知しました。

各イーサネットに別々のIPアドレスを設定し直してください。同一IPアドレスを設定したい場合は、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-407

Ethernet1とEthernet2を独立したネットワークに接続した場合に、同一のIPv6アドレスが設定されたことを検知しました。

各イーサネットに別々のIPアドレスを設定し直してください。同一IPアドレスを設定したい場合は、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-408

Ethernet2側のネットワークで、IPv4のIPアドレスが重複しています。

Ethernet2側のIPv4アドレスを変更してIPアドレスの重複を解消してください。

018-409

Ethernet2側のネットワークで、IPv6のIPアドレスが重複しています。

重複しているネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-410

Ethernet2側のネットワークで、DNSサーバーに対する、IPv4アドレスとホスト名の更新に失敗しました。

DNSサーバーアドレスが正しく設定されているか確認してください。

018-411

Ethernet2側のネットワークで、DNSサーバーに対する、IPv6アドレスとホスト名の更新に失敗しました。

DNSサーバーアドレスが正しく設定されているか確認してください。

018-412

018-413

Ethernet2 側のネットワークで、IPv6 のIP アドレスが重複しています。

重複しているネットワーク上機器のIPv6 アドレスを変更して、IP アドレスの重複を解消してください。

018-414

Ethernet2側で手動設定したIPv6のIPアドレスが間違っています。

正しいIPv6アドレスを設定し直してください。

018-415

Ethernet2側で手動設定したIPv6のIPアドレスが間違っています。

本機IPv6の「手動設定アドレス」、またはネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-416

Ethernet2側のネットワークで、IPv6のIPアドレスが重複しています。

重複しているネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-424

WPA-Enterprise認証のルート証明書またはクライアント証明書が本機に登録されていません。

本機にWPA-Enterprise認証のルート証明書またはクライアント証明書を格納してください。

WPA-Enterprise認証のルート証明書またはクライアント証明書が入手できない場合は、WPA-Enterprise以外の無線セキュリティを使用してください。

018-425

WPA-Enterprise認証のルート証明書またはクライアント証明書が不正です。

証明書の内容を確認して、本機に有効なWPA-Enterprise認証のルート証明書またはクライアント証明書を格納してください。

WPA-Enterprise認証のルート証明書またはクライアント証明書が入手できない場合は、WPA-Enterprise以外の無線セキュリティを使用してください。

018-426

WPA-Enterprise認証のサーバー証明書が不正です。

  • サーバー証明書の内容(有効期限、証明書の形式、署名アルゴリズムなど)を確認してください。

  • 有効なサーバー証明書を入手できない場合は、WPA-Enterprise以外の無線セキュリティを使用してください。

018-427

Wi-Fi IPアドレスとWi-Fi Direct IPアドレスが重複しています。

Wi-Fi Direct DHCPサーバーのIPアドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-428

無線LANモジュールが正しく接続されていません。

本機の電源を切り、無線LANモジュールが取り付けられていることを確認してください。

018-429

Wi-Fi側のネットワークで、IPv4のIPアドレスが重複しています。

本機のIPv4アドレス、またはネットワーク上機器のIPv4アドレスを変更してください。

018-430

Wi-Fi Direct側のネットワークで、IPv4のIPアドレスが重複しています。

本機のIPv4アドレス、またはネットワーク上機器のIPv4アドレスを変更してください。

018-431

Wi-Fi側のネットワークで、IPv6のIPアドレス(ステートレス自動設定アドレス1またはDHCPv6自動設定アドレス)が重複しています。

重複しているネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-432

Wi-Fi側のネットワークで、IPv6のIPアドレス(ステートレス自動設定アドレス2)が重複しています。

重複しているネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-433

Wi-Fi側のネットワークで、IPv6のIPアドレス(ステートレス自動設定アドレス3)が重複しています。

重複しているネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-434

Wi-Fi側で手動設定したIPv6のIPアドレスが間違っています。

正しいIPv6アドレスを設定し直してください。

018-435

Wi-Fi側で手動設定したIPv6のIPアドレスが重複しています。

本機IPv6の「手動設定アドレス」、またはネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-436

Wi-Fi側のネットワークで、IPv6のIPアドレス(リンクローカルアドレス)が重複しています。

重複しているネットワーク上機器のIPv6アドレスを変更して、IPアドレスの重複を解消してください。

018-439

[通信モード]が[Ad-hoc]に設定されているため、Wi-Fi Directを使用できません。

[通信モード]を[Infrastructure]に変更してください。

018-440

[IP動作モード]が[IPv6モード]に設定されているため、Wi-Fi Directを使用できません。

[IP動作モード]を[デュアルスタック]または[IPv4モード]に変更してください。

018-441

[動作周波数帯]が[5GHz]に設定されているため、Wi-Fi Directを使用できません。

[動作周波数帯]を[自動]または[2.4GHz]に変更してください。

018-443

Wi-Fi側のネットワークで、DNS サーバーに対する、IPv4 アドレスとホスト名の更新に失敗しました。

DNS サーバーアドレスが正しく設定されているか確認してください。

018-444

Wi-Fi側のネットワークで、DNS サーバーに対する、IPv6 アドレスとホスト名の更新に失敗しました。

DNS サーバーアドレスが正しく設定されているか確認してください。

018-500

認証サーバーに証明書がありません。

サーバー証明書を設定してください。または、認証機能を解除してください。

018-501

本機に設定されたCA認証サーバーとの通信に失敗しました。

ネットワーク接続およびCA認証サーバーのアドレスを確認してください。

018-502

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、ログイン可能なコンピューターが制限されています。

指定したユーザーのプロパティ情報を確認し、サーバーにログインできるコンピューターが制限されていないかを確認してください。

018-503

018-504

本機に設定されたCA認証サーバーとの通信に失敗しました。

もう一度、認証操作を行ってください。

018-505

スキャナー(PC保存)のSMB転送時に、転送先サーバーへのログインに失敗しました。

本機に設定してある、SMB転送先のユーザー名、またはパスワードが正しいか確認してください。

転送先がMacintoshの場合、Windowsユーザーとのファイル共有が有効になるように、共有フォルダーのアカウント設定の変更が必要です。設定については、システム管理者に確認してください。

共有フォルダーの設定を変更する手順を、macOS 10.12 Sierraの場合を例に説明します。

転送で使用するために、専用のアカウントを作成することをお勧めします。アップルメニューから[システム環境設定]>[ユーザーとグループ]を選択して表示される画面で設定できます。

  1. アップルメニューから[システム環境設定]>[共有]を選択します。

  2. [ファイル共有]のチェックボックスにチェックが付いていることを確認し、[オプション]をクリックします。

  3. [SMB を使用してファイルやフォルダを共有]を選択します。

  4. ファイル共有に使用するユーザーアカウントの左のチェックボックスにチェックを付けて、そのユーザーのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  5. [完了]をクリックします。

以上の処置のあと、別のPCから同じユーザーでSMBサーバーにログインして、同じ場所にファイルが保存できるかを確認してください。書き込みができる場合、本機からもう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されないときは、サーバーの情報(メーカー、機種名、OSバージョン)をお調べの上、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

注記
  • パスワードの確認はできません。パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードをリセットする必要があります。パスワードのリセット方法については、システム管理者にお尋ねください。

  • お客様の環境によっては、ユーザー名をドメインユーザー名形式で入力する必要があります。

  • ユーザー名を入力した場合、パスワードなしでは運用できません。

補足
  • macOS 10.12 Sierra以外のMac OSでの設定方法については、システム管理者に確認するか、Apple Japan社の公式ホームページをご参照ください。

018-506

本機に設定されたCA認証サーバーとの通信に失敗しました。

もう一度、認証操作を行ってください。

018-507

入力されたユーザー名またはパスワードが正しくないため、認証に失敗しました。

ユーザー名またはパスワードを確認して正しく入力してください。

018-508

認証中にサーバーエラーが発生しました。

認証サーバーの状態を確認してください。

018-510

BMLinkSスキャンで、転送先のホスト名のインターネットアドレスを解決できませんでした。

次のどれかの方法で処置してください。

  • 本機に設定してあるDNSサーバーのアドレスを確認する

  • DNSサーバーに、BMLinkSストレージサービスのサーバー名またはホスト名が登録されているか確認する

018-511

DNSサーバーのアドレスが設定されていません。

本機にDNSサーバーのアドレスを設定してください。または、転送先のBMLinkSストレージサービスのアドレスをIPアドレスで設定してください。

018-512

BMLinkSサーバーに接続できませんでした。

サーバーの検索を行い、最新のサーバーリストを取得してください。それで接続できない場合はBMLinkSサーバーが起動しているか確認してください。

018-513

BMLinkSサーバーが見つかりません。

サーバーの検索を行い、最新のサーバーリストを取得してください。それで接続できない場合はBMLinkSサーバーが起動しているか確認してください。

018-514

BMLinkSサーバーにログインできませんでした。

ユーザー名、またはパスワードが正しいか確認してください。

018-515

何らかの理由で、本機がBMLinkSサービスから該当エラーコードを受信しました。

次のどれかの方法で処置してください。

  • 指定したファイル名が保存場所に作成可能なファイル名かを確認する

  • 指定したファイル名が別のユーザーによって使用されていないかを確認する

018-516

BMLinkSサーバーにデータが保存できませんでした。

次の原因が考えられます。

  • 保存するファイル名に、BMLinkSサーバーで使用できない文字が使われている

  • BMLinkSサーバーに、同じファイル名のファイルが存在する

  • 保存先のフォルダー名、またはファイル名が長い

018-517

BMLinkSサーバーにデータが保存できませんでした。

BMLinkSサーバーのディスク空き容量が不足しています。不要なファイルを削除して、空き容量を増やしてください。

018-518

BMLinkSサーバーでエラーが発生しました。

しばらく待ってから、操作してください。

018-519

BMLinkSサーバーでエラーが発生しました。

次のどれかの方法で処置してください。

  • サーバーの検索を行い、最新のサーバーリストを取得する

  • BMLinkSサーバーが利用可能な状態か確認する

それでも状態が改善されないときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-520

018-521

018-522

018-523

BMLinkSサーバーでエラーが発生しました。

もう一度同じ操作を実施してください。

それでも状態が改善されないときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-533

不正な形式のメールを受信しました。

メールは破棄されました。POP3からメールを受信した場合、POPサーバーにそのメールが残っている可能性があるため、コンピューターのメールクライアントなどでメールを受信するか、削除してください。

018-543

次の原因が考えられます。

  1. スキャナー(PC保存)のSMB転送先に設定した共有名が存在しません。

  2. スキャナー(PC保存)のSMB転送先に設定した共有名に、禁則文字が使用されています。

  3. スキャナー(PC保存)のSMB転送先がMacintosh の場合、指定した共有名にアクセス権が設定されていません。

1. の場合は、設定した共有名が、転送先のPCに存在するか確認してください。

2. の場合は、次のどれかの方法で処置してください。

  • 本機に設定してある共有名に、以下の禁則文字が含まれていないか確認する

/ : | < > ; , * ? [ ] + =

  • 本機に設定してある共有名の先頭または末尾にスペースが含まれていないか確認する

  • 本機に設定してある共有名が、ピリオドだけで指定されていないか確認する

3. の場合は、転送先がMacintoshの場合、共有フォルダーのユーザーに対するアクセス権の設定変更が必要です。設定については、システム管理者に確認してください。共有フォルダーの設定を変更する手順を、macOS 10.12 Sierraの場合を例に説明します。

転送で使用するために、専用のアカウントを作成することをお勧めします。アップルメニューから[システム環境設定]>[ユーザーとグループ]を選択して表示される画面で設定できます。

  1. アップルメニューから[システム環境設定]>[共有]を選択します。

  2. [ファイル共有]のチェックボックスにチェックが付いていることを確認します。

  3. [共有フォルダ]のリストで、対象となるフォルダーを選択します。

  4. [ユーザ]のリストで、対象となるユーザー名の右に表示されているアクセス権を[読み/書き]に設定します。

補足
  • macOS 10.12 Sierra以外のMac OSでの設定方法については、システム管理者に確認するか、Apple Japan社の公式ホームページをご参照ください。

018-547

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、SMBサーバーログイン時に、ユーザー数が制限を超えました。

次のどれかの方法で処置してください。

  • 共有フォルダーの接続ユーザー数の制限を確認する

  • サーバーの同時使用ユーザー数が最大数を超えていないかを確認する

018-571

本機にエラーが発生しました。

もう一度同じ操作をしてください。それでも状態が改善されないときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-572

本機にエラーが発生しました。

指定したコンテキスト名が正しいか確認してください。

018-573

本機にエラーが発生しました。

指定した接続名が正しいか確認してください。

018-574

本機にエラーが発生しました。

指定したボリューム名が正しいか確認してください。

018-575

本機にエラーが発生しました。

指定したユーザー名およびパスワードが正しいか確認してください。

018-576

本機にエラーが発生しました。

指定したパス名が正しいか確認してください。

018-577

本機にエラーが発生しました。

指定したファイル名が正しいか確認してください。

018-578

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. ネットワークケーブルが接続されているか

  2. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

  3. サーバー名およびツリー名

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-579

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

  2. データが格納されているサーバー容量

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-580

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

  2. ボリューム名

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-581

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

  2. ディレクトリーパス名

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-582

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

  2. ユーザー権限

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-583

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. NetWareサーバーのハードディスクの状態

  2. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-584

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

NetWare サーバーにコンピューターからアクセスできるか確認してください。

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-585

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

  2. ほかのユーザーの利用状況(使用中、書き込みロック中など)

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-586

NetWareサーバーとの通信に失敗しました。

次の項目を確認してください。

  1. NetWareサーバーにコンピューターからアクセスできるか

  2. ログインユーザー名

  3. ログインパスワード

  4. ボリューム名

  5. サーバー名およびツリー名

  6. コンテキスト名

また、NetWareサーバーでDSREPAIRを実行し、データベースの修復を行ってください。

018-587

ファイル名が重複しています。

スキャンファイル名が重複したときに、「上書き禁止」を設定しています。

ファイル名が重複したときの処理を、[ジョブを中止(保存しない)]以外に設定してください。

018-595

LDAPサーバーのデータベース上に、現在使用中のICカードと同じ情報を持つエントリーが複数見つかりました。

LDAPサーバーのデータベース上に、ユーザーのエントリーが同じICカード情報を持たないように修正してください。

018-596

LDAPサーバーの認証でエラーが発生しました。

もう一度同じ操作を実施してください。

それでも状態が改善されないときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-700

外部認証時にエラーが発生しました。

しばらくしてから、もう一度同じ操作を実施してください。

018-701

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「1」(操作エラー)が返されました。

本機の[外部認証サーバー/ディレクトリサービス設定]の[LDAPサーバー/ディレクトリサービス設定]が正しく設定されているか確認してください。または、サーバー側に問題が発生しています。ネットワーク管理者に確認してください。

018-702

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「2」(プロトコルエラー)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの設定を見直して再度実行してください。

018-703

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「3」(検索時間タイムアウト)が返されました。

アドレス帳に対して、検索条件/ 検索開始位置の見直しなど、検索対象を絞って再度検索してください。

それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-704

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「4」(検索結果が多すぎて処理できない)が返されました。

アドレス帳に対して、検索条件/ 検索開始位置の見直しなど、検索対象を絞って再度検索してください。

それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-705

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「5」(比較要求の結果は偽)が返されました。

指定した内容と異なる結果が出ている可能性があります。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-706

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「6」(比較要求の結果は真)が返されました。

指定した内容どおりの結果が出ています。問題は発生していません。

018-707

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「7」(指定された認証方式はサポートしていない)が返されました。

指定された認証方式に対応していません。認証方式を変更してください。ネットワーク管理者に相談し、認証設定を見直してください。

018-708

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「8」(強力な認証が必要です)が返されました。

認証設定に誤りがないか確認してください。ネットワーク管理者に相談し、現在よりも認証設定を強化して再度実行してください。

018-709

外部アクセス中に、エラーが発生しました。

環境に応じて、次のどれかの方法で処置してください。

IPv4 環境の場合

  • 本機のIPv4アドレスを確認する

  • ネットワークケーブルが正しく接続されているか確認する

  • DHCP サーバーのアドレスを確認する

IPv6 環境の場合

  • 本機のIPv6アドレスにIPv6 ルーターから配布されるグローバルアドレスが割り当てられているか確認する

  • ネットワークケーブルが正しく接続されているか確認する

  • IPv6 ルーターが正しく設定されているか確認する

018-710

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「10」(referral(紹介、参照)です)が返されました。

指定された検索範囲に何も登録がありません。ネットワーク管理者に相談し、認証設定の状態を確認してください。

018-711

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「11」(アドミン制限を超えた)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、サーバーの稼働状態を確認してください。

018-712

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「12」(拡張機能が使用できない)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、サーバーの稼働状態を確認してください。

018-713

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「13」(機密性が必要)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、サーバーの稼働状態を確認してください。

018-714

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「14」(SASL バインド処理中)が返されました。

しばらく待ってからもう一度操作してください。それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-715

Kerberos サーバーの認証プロトコルエラーです。Kerberos サーバーに、本機で使用できる認証方式と一致するものがない、または本機に、Kerberos サーバーで使用できる認証方式と一致するものがありません。

次のどれかの方法で処置してください。

  1. Kerberos サーバーの認証方式を設定しなおしてください。

  2. 本機のFIPS 認証モードを解除してください。

それでも状態が改善されない場合は、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-716

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「16」(要求された属性は存在しない)が返されました。

Attribute(属性)の問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-717

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「17」(指定された属性は未定義)が返されました。

Attribute(属性)の問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-718

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「18」(不適合な組み合わせ)が返されました。

Attribute(属性)の問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-719

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「19」(制約違反)が返されました。

Attribute(属性)の問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-720

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「20」(指定された属性は、すでに存在する)が返されました。

Attribute(属性)の問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-721

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「21」(指定された属性値のシンタックスが間違っている)が返されました。

Attribute(属性)の問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-722

Googleクラウドプリントとの通信で、ネットワークエラーが発生しました。

ネットワークケーブルが正しく接続されているか、使用環境の設定が正しいかを確認してください。

018-723

Googleクラウドプリントとの通信で、証明書にエラーがありました。

正しいルートCA証明書が機械に登録されているか、証明書検証の設定が正しいかを確認してください。

018-724

Googleクラウドプリントとの通信で、SSL通信エラーが発生しました。

SSLの設定が正しいかを確認してください。

018-725

Kerberosサーバーに設定されたユーザーのパスワードの使用期限が切れています。

パスワードの使用期限を延長してください。

018-726

ICカード内の上位のCA証明書が本機に登録されていません。

ICカード内の上位のCA証明書を本機に登録してください。

018-727

Kerberosサーバーに認証されませんでした。

ICカード内の証明書を確認し、無効または失効している場合は、証明書を更新してください。また、サーバー側で使用禁止となっていないか確認してください。

018-728

Kerberosサーバーに認証されませんでした。

次のどれかの方法で処置してください。

  • KDC証明書のルートCA証明書が登録されていない場合は、ルートCA証明書を登録する

  • KDC証明書が失効している場合は、サーバーのKDC側の証明書を更新する

  • 本機に設定したKerberosサーバーのアドレスと、KerberosサーバーのKDC 証明書に記載されたアドレスが一致していることを確認する

018-729

Googleクラウドプリントとの接続がタイムアウトになりました。

しばらく待ってから、もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されないときは、ネットワークケーブルが正しく接続されているか、使用環境の設定が正しいかを確認してください。

018-730

Googleクラウドプリントとの通信で、ネットワークエラーが発生しました。

ネットワークケーブルが正しく接続されているか、使用環境の設定が正しいかを確認してください。それでも状態が改善されないときは、内部エラーが発生している可能性があります。弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-731

ハードディスクの容量が不足しているため、ジョブを中止しました。

ハードディスクの空き容量を確認し、不要ファイルを削除してください。処理中のジョブはすべて実行してから、もう一度操作してください。

018-732

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「32」(該当するオブジェクトがない)が返されました。

該当するメールアドレスはありません。

入力したメールアドレスを見直して修正するか、LDAPサーバーに登録してあるメールアドレスを確認してください。

018-733

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「33」(エイリアスが間違っている)が返されました。

Name(ネーム)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-734

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「34」(DN の形式が間違っている)が返されました。

Name(ネーム)に関する問題が発生しています。ユーザー名とパスワードを再確認して、不正な検索パスワード名を解除してください。改善されないときは、ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの認証設定や状態を確認してください。

018-735

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「35」(オブジェクトが終端である)が返されました。

Name(ネーム)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-736

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「36」(エイリアスの参照ができなかった)が返されました。

Name(ネーム)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-737

内部エラーが発生しました。

もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されないときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-738

Googleクラウドプリントとの通信で、ネットワークエラーが発生しました。

ネットワークケーブルが正しく接続されているか、使用環境の設定が正しいかを確認してください。

018-739

内部エラーが発生しました。

もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されないときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-740

Googleクラウドプリントとの通信で、証明書にエラーがありました。

正しいルートCA 証明書が機械に登録されているか、証明書検証の設定が正しいかを確認してください。

018-741

内部エラーが発生しました。

もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されないときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-743

Googleクラウドプリントとの通信で、プロキシ接続のエラーが発生しました。

プロキシサーバーの設定が正しいかを確認してください。

018-744

Googleクラウドプリントとの通信で、DNSによる名前の解決に失敗しました。

DNSの設定が正しいかを確認してください。

018-745

Googleクラウドプリントとの通信で、プロキシ接続のエラーが発生しました。

プロキシサーバーの設定が正しいかを確認してください。

018-746

Googleクラウドプリントとの通信で、DNSによる名前の解決に失敗しました。

DNSの設定が正しいかを確認してください。

018-747

スキャナー(PC保存)のSMB転送時に、転送先のSMBサーバーが見つかりませんでした。

次のどれかの方法で処置してください。

  • ネットワークケーブルの接続を確認する。

  • 転送先アドレスをIPアドレス指定している場合、IPアドレスが正しいか確認する。

  • SMB関連ポート(*1)がブロックされていないかシステム管理者に確認する。(転送先のサーバー、および複合機とサーバーの間に存在するルータなどでポートがブロックされていないかを確認する。)

  • <SMBサーバー>
    サーバー上のウイルススキャンソフト、ファイアーウォールソフトなどでSMB関連ポート(*1)がブロックされていないことを確認する。

  • <名前解決サーバー>
    サーバー名が15文字以下で、サブネットを越える通信の場合、WINSサーバーの設定を確認し、サーバー名のアドレス解決が正しくできるかを確認する。

  • <Windowsネット環境>
    Windows環境の場合、意図しないマスターブラウザー(*2)が立ちあがっていないかを確認する。意図しないPCがマスターブラウザーになると、存在するはずのサーバーが見えなくなり、本エラーとなる場合があります。

問題がなければ、別のPCから同じユーザーでSMBサーバーにログインし、SMBサーバーの同一保存場所でファイル書き込みができるか確認してください。書き込みができる場合、本機からもう一度同じ操作を実施してください。状況が改善されない場合は、ご使用のサーバー情報(メーカー/機種名、OSバージョン)をお調べの上、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

補足
  • (*1)SMB関連ポートとは、次の通りです。
    ファイル共有サービス (137番ポート/NetBIOS Name Service(UDP)、138番ポート/NetBIOS Datagram Service(UDP)、139番ポート/NetBIOS Session Service(TCP))
    ダイレクトホスティングサービス(445番ポート(TCP))

  • (*2)マスターブラウザーは、Windowsネットワークでコンピューターの一覧をブラウズリストという情報として管理しています。通常はドメインコントローラーがマスターブラウザーです。

018-748

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「48」(認証拒否)が返されました。

セキュリティーに関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの認証設定を確認してください。

018-749

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「49」(指定された認証証明書は無効)が返されました。

認証に使うユーザー名とパスワードが不正なまま、アドレス検索が実施されました。

セキュリティーに関する問題が発生しています。認証に使うユーザー名とパスワードを再確認して不正な検索ログイン名を解除してください。改善されないときは、ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの認証設定を確認してください。

018-750

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「50」(ユーザーアクセス権がない)が返されました。

セキュリティーに関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーのアクセス権を確認してください。

018-751

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「51」(ビジー)が返されました。

サービスに関する問題が発生しています。しばらく待ってからもう一度操作してください。それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-752

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「52」(処理不可能)が返されました。

サービスに関する問題が発生しています。しばらく待ってからもう一度操作してください。それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-753

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「53」(実行拒否)が返されました。

サービスに関する問題が発生しています。しばらく待ってからもう一度操作してください。それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-754

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「54」(ループ検出)が返されました。

サービスに関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーのサービス状態を確認してください。

018-755

スキャナー(PC保存)のSMB転送時に、転送先に指定しているSMBサーバーから、本機への応答がありません。

転送先のサーバー、および複合機とサーバーの間に存在するルータや転送先のサーバー上のウイルススキャンソフト、ファイアーウォールソフトなどで139 番ポート(TCP)、445 番ポート(TCP) による通信がブロックされていないか確認してください。

複数のゲートウェイが存在する環境で、サブネット越えの接続ができない場合は、本機に設定されているゲートウェイアドレスが正しいか確認してください。

問題がなければ、別のPCから同じユーザーでSMBサーバーにログインし、SMBサーバーの同一保存場所でファイル書き込みができるか確認してください。書き込みができる場合、本機からもう一度同じ操作を実施してください。状況が改善されない場合は、ご使用のサーバー情報(メーカー/機種名、OSバージョン)をお調べの上、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-756

スキャナー(PC保存)のSMB認証時に、規定時間内にサーバーから応答を受信できませんでした。

転送先のサーバーがActiveDirectoryのドメインに所属している場合、転送先のサーバーとドメインコントローラ間の通信に遅延が発生していないか次の方法で確認してください。

  • PCクライアントから転送先のサーバーにアクセスして時間がかかっていないか確認する

  • 時間がかかっている場合はシステム管理者に相談してください。

018-757

スキャナー(PC保存)のSMB転送先に指定しているSMBサーバー名の名前解決に失敗しました。

次のどれかの方法で処置してください。

  • 本機に設定してある転送先サーバー名をFQDN文字列(例:mypc01.fuji0.co.jp)で入力している場合、本機のネットワーク設定で、DNSサーバーアドレスが正しく設定されていることを確認する

  • DNSサーバーとの接続に問題がない場合、本機に設定してある転送先サーバー名が、DNSサーバーに登録されていることを確認する

018-758

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、指定されたスキャン画像の保存場所またはファイル名に問題があるか、または、指定された保存場所がサーバー上に存在しません。

次のどれかの方法で処置してください。

  • 保存場所が正しいか確認する

  • 指定したファイル名がSMBサーバー上に作成可能なファイル名かを確認する

018-759

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、指定されたスキャン画像の保存場所またはファイル名に禁則文字が使用されています。

本機に設定してあるスキャン画像の保存場所またはファイル名について以下の事項を確認してください。

  • 保存場所の名称に、以下の禁則文字が含まれていないか確認する

“ / : | < > ; , * ? の10 文字

  • ファイル名に、以下の禁則文字が含まれていないか確認する

“ / : | < > ; , * ? \ の11 文字

  • 文字列の先頭または末尾にスペースが含まれていないか確認する

  • 文字列の先頭または末尾にピリオドが指定されていないか確認する

機種依存文字を使用しないことをお勧めします。 Shift-JISに-(emdash)と~(波ダッシュ)はないため、これらも禁則文字となります。

MacOSをご利用場合、さらに禁則文字が増えます。

問題がなければ、別のPCから同じユーザーでSMBサーバーにログインし、SMBサーバーの同一保存場所でファイル書き込みができるか確認してください。書き込みができる場合、本機からもう一度同じ操作を実施してください。状況が改善されない場合は、ご使用のサーバー情報(メーカー/機種名、OSバージョン)をお調べの上、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。状況により、お客様に確認を依頼する場合や、カストマーエンジニアによる保守が必要となる場合があります。

018-760

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、指定された保存場所は、分散ファイルシステム(DFS)設定のため、別の共有フォルダーにリンクされています。

システム管理者に分散ファイルシステム(DFS)の設定を確認する。確認方法は次のとおりです。

  1. SMBサーバー上で、[スタート]メニュー→[すべてのプログラム]→[管理ツール]→[分散ファイルシステム]を選択する。

  2. [分散ファイルシステム]ウインドウの左枠から指定した保存場所を選択し、ウインドウの右枠に表示される[ターゲット]情報を確認する。

  3. 確認した情報に基づいて、SMBサーバー、共有名および保存場所を直接指定する。

018-761

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、保存先PC上でメモリー不足が発生しました。

保存先PC上でメモリー不足が発生するような使用状況が発生していないか確認ください。空きメモリーが少ない場合、使用していないアプリケーションを終了させてください。

018-762

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、保存先PCからの応答に時間がかかりタイムアウトが発生しました。

保存先のPCでウイルススキャンソフトが動作しているか確認ください。ウイルススキャンソフトによってはPCからの応答に時間がかかる場合があります。ウイルススキャンソフトが動作している場合、転送ファイルサイズが小さくなるように、原稿枚数を少なくしてください。

018-763

スキャナー(PC保存)のSMB転送時、本機内で文字コード変換処理に失敗しました。

サーバー名、共有名、パス名などに㈱、丸付き数字①、ローマ数字Ⅳなどの機種依存文字が含まれていないか確認してください。機種依存文字が含まれている場合は、それが含まれない名前に変更してください。

018-764

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「64」(ネーミング違反)が返されました。

Update(更新)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-765

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「65」(オブジェクトクラス指定誤り)が返されました。

Update(更新)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-766

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「66」(終端以外のエントリーでは実行できない)が返されました。

Update(更新)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-767

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「67」(RDNでの実行不可)が返されました。

Update(更新)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-768

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「68」(指定されたエントリーは、すでに存在する)が返されました。

Update(更新)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-769

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「69」(オブジェクトクラスの変更不可)が返されました。

Update(更新)に関する問題が発生しています。ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-770

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「70」(検索結果が大きすぎる)が返されました。

アドレス帳に対して、検索条件/ 検索開始位置の見直しなど、検索対象を絞って再度検索してください。

それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-771

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「71」(複数のDSA に影響がある)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-772

スキャナー(PC保存)のSMB転送で、設定した共有名が転送先サーバー上に存在しません。

本機に設定した共有名が、転送先のPC に存在するか確認してください。転送先のPC に共有名が存在しなかった場合は、新たな共有名を作成するか、既存の共有名を設定してください。

018-773

次の原因が考えられます。

  1. スキャナー(PC保存)のSMB転送で、転送先に設定した共有名に、禁則文字が使用されています。

  2. スキャナー(PC保存)のSMB転送先がMacintoshの場合、指定した共有名にアクセス権が設定されていません。

1. については、次のどれかの方法で処置してください。

  • 本機に設定してある共有名に、以下の禁則文字が含まれていないか確認する

/ : | < > ; , * ? [ ] + =

  • 本機に設定してある共有名の先頭または末尾にスペースが含まれていないか確認する

  • 本機に設定してある共有名が、ピリオドだけで指定されていないか確認する

2. については、共有フォルダーのユーザーに対するアクセス権の設定変更が必要です。設定については、システム管理者に確認してください。

共有フォルダーの設定を変更する手順を、macOS 10.12 Sierraの場合を例に説明します。

転送で使用するために、専用のアカウントを作成することをお勧めします。アップルメニューから[システム環境設定]>[ユーザーとグループ]を選択して表示される画面で設定できます。

  1. アップルメニューから[システム環境設定]>[共有]を選択します。

  2. [ファイル共有]のチェックボックスにチェックが付いていることを確認します。

  3. [共有フォルダ]のリストで、対象となるフォルダーを選択します。

  4. [ユーザー]のリストで、対象となるユーザー名の右に表示されているアクセス権を[読み/ 書き]に設定します。

補足
  • macOS 10.12 Sierra以外のMac OSでの設定方法については、システム管理者に確認するか、Apple Japan社の公式ホームページをご参照ください。

018-780

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「80」(未知のエラー発生)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-781

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーと接続できません。

次のどれかの方法で処置してください。

  • ネットワークケーブルが接続されているか確認する

  • ネットワークケーブルが接続されている場合は、要求先のサーバーの起動状態確認する

  • [外部認証サーバー/ディレクトリサービス設定]の[LDAPサーバー/ディレクトリサービス設定]で、サーバー名称が正しいか確認する

018-782

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「82」(プログラムエラー、またはSASL認証に関するエラー)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-783

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「83」(送信メッセージエンコードエラー)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-784

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「84」(受信メッセージデコードエラー)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-785

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「85」(検索時間タイムアウト)が返されました。

アドレス帳に対して、検索条件/ 検索開始位置の見直しなど、検索対象を絞って再度検索してください。

それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-786

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「86」(未知の認証方式が指定された)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-787

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「87」(検索フィルターの記述に誤り)が返されました。

アドレス帳に対して、検索条件を確認してください。

それでも改善されないときはネットワーク管理者に相談してください。

018-788

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「88」(指示がキャンセルされた)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-789

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「89」(不正なパラメーターが渡された)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-790

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「90」(メモリー不足)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-791

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「91」(サーバーと接続不可)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-792

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「92」(機能未サポート)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-793

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「93」(結果が返されない)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-794

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「94」(結果がもうない)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-795

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「95」(結果が未だある)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-796

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「96」(クライアントのループを検出)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。

018-797

アドレス帳の操作でLDAPサーバーのプロトコルエラーです。

アドレス帳の問い合わせに対し、サーバーからRFC2251規定のresultMessageNo「97」(参照の最大ホップ数を超えた)が返されました。

ネットワーク管理者に相談し、LDAPサーバーの状態を確認してください。