用紙トレイ6、7(大容量給紙トレイC1-DS)での紙づまり

用紙トレイ6、7(大容量給紙トレイC1-DS(オプション))で発生した紙づまりの処置方法について説明します。

補足
  • 用紙が詰まる箇所によって処置方法が異なります。表示されたメッセージに従って、詰まっている用紙を取り除いてください。

ランプE6が点灯したとき

  1. 用紙トレイを、手前に止まるところまで引き出します。

    image
  2. 詰まっている用紙を取り除きます。

    image
    補足
    • 用紙が破れた場合、紙片が残っていないかを確認してください。

  3. 奥に突き当たるところまで、用紙トレイをゆっくりと押し込みます。

ランプE7が点灯したとき

  1. 用紙トレイ7を、手前に止まるところまで引き出します。

    image
  2. 詰まっている用紙を取り除きます。

    image
    補足
    • 用紙が破れた場合、紙片が残っていないかを確認してください。

  3. 奥に突き当たるところまで、用紙トレイをゆっくりと押し込みます。

ランプE2が点灯したとき

  1. 大容量トレイユニットの正面カバーを開けます。

    image
  2. レバー[1a]を右方向に開けたあと(①)、ノブ[1c]を右方向に回して(②)、詰まっている用紙を取り除きます。

    image
    補足
    • 用紙が破れた場合、紙片が残っていないかを確認してください。

  3. レバー[1a]を戻します。

    image
  4. 大容量トレイユニットの正面カバーを閉じます。

    補足
    • 大容量トレイユニットの正面カバーが少しでも開いていると、メッセージが表示され、機械が作動しません。

ランプE3が点灯したとき

  1. 大容量トレイユニットの正面カバーを開けます。

    image
  2. レバー[1b]を右方向に開け(①)たあと、ノブ[1c]を右方向に回して(②)、詰まっている用紙を取り除きます。

    image
    補足
    • 用紙が破れた場合、紙片が残っていないかを確認してください。

  3. レバー[1b]を戻します。

    image
  4. 大容量トレイユニットの正面カバーを閉じます。

    補足
    • 大容量トレイユニットの正面カバーが少しでも開いていると、メッセージが表示され、機械が作動しません。

ランプE1が点灯したとき

  1. 大容量トレイユニットの正面カバーを開けます。

    image
  2. レバー[1d]を上方向に開き(①)、詰まっている用紙を取り除きます(②)。

    image
    補足
    • 用紙が破れた場合、紙片が残っていないかを確認してください。

  3. 手順2で用紙が取り除けない場合は、ノブ[1c]を右方向に回して(①)、詰まっている用紙を取り除きます(②)。

    image
    補足
    • 用紙が破れた場合、紙片が残っていないかを確認してください。

  4. レバー[1d]を戻します。

    image
  5. 大容量トレイユニットの正面カバーを閉じます。

    補足
    • 大容量トレイユニットの正面カバーが少しでも開いていると、メッセージが表示され、機械が作動しません。