IPv4 またはIPv6 接続のトラブル

IPv4またはIPv6接続時にトラブルが発生した場合の、考えられる症状と処置は次のとおりです。

IPv4 に接続できないとき

症 状

処  置

IPv4 アドレス入力時、
192.0.2.010のように、アドレス先頭に0を付加した場合、正しく動作しない。

0を付けないで指定してください。

IPv6 に接続できないとき

症 状

処  置

リンクローカルアドレスを指定するときに本機にアクセスできない。

リンクローカルアドレスにスコープ識別子を付加してください。

たとえばWindows 7 のInternet Explorer 11 を利用して、fe80::203:baff:fe48:9010 を指定してアクセスする場合には、Windows 7 のイーサネットアダプタローカルエリア接続の番号(例:8)をスコープ識別子として付加し、fe80::203:baff:fe48:9010%8 と入力してください。

IPv6が利用できるWindows OSと通信できない。

IPv6が利用できるWindows OSで固定アドレスを設定してください。

通信を許可するホストアドレスとして、設定したIPv6固定アドレスを本機に登録してください。

ルーターを越える検索が正しく動作しない。

SMB を使った検索でルーターを越える場合、宛先アドレスを直接入力してください。

マルチキャストに応答するのは、ローカルリンク内でのマルチキャスト(FF02::1)のみです。

IPv6ネットワークを介して印刷した場合、ペーパーセキュリティーが正しく動作しない。

IPv4環境で運用してください。

IPv6環境ではペーパーセキュリティーは正しく動作しません。

CentreWare Internet Services で、SSL を有効に設定している場合に、http://[IPv6 アドレス]を指定してもhttps://[IPv6 アドレス]サイトへリダイレクトされない。

SSLを有効に設定している場合、https://[IPv6 アドレス]サイトを指定してください。

IPv6 でプリントできないとき

症 状

処  置

DNSサーバーが存在しないIPv6ネットワーク環境で、IPv6が利用できるWindows OSからWindows共有プリンターが使用できない。

IPv6が利用できるWindows OS上のhostsファイルに本機のコンピューター名を登録してください。
格納先例:
C:\Windows\system32\driver\etc\hostsファイルに登録します。

IPv6 でスキャンできないとき

症 状

処  置

リンクローカルアドレスだけの場合、ファイル転送サービスに失敗する。

グローバルアドレスを割り当ててください。

DNS サーバーが存在しないIPv6ネットワーク環境で、スキャナー(PC保存)のSMB転送の格納先サーバーにコンピューター名を指定した場合、ファイル転送に失敗する。

スキャナー(PC保存)のSMB転送の格納先サーバーに、IPv6アドレスを直接指定してください。

インターネットファクスダイレクト宛先としてIPv6のアドレスリテラル形式を使用すると正しく動作しない。

例:csw@[ipv6:2001:db8::1]

IPv6環境ではDNSサーバーを運用し、宛先をFQDN にて指定してください。

メールサービスなどのメールアドレスとしてIPv6アドレスリテラル指定は使用すると正しく動作しない。

例:csw@[ipv6:2001:db8::1]

IPv6環境ではDNSサーバーを運用し、メールアドレスをFQDNにて指定してください。

その他IPv6 について

症 状

処  置

UPnPでIPv6機器を検索できない。

IPv6環境ではWeb Services on Devices(WSD)のディスカバリー機能を使用してください。

DNSサーバーが存在しないIPv6ネットワーク環境において、SMB認証のSMBサーバー設定にコンピューター名を指定すると認証に失敗する。

認証サーバーパラメーターのコンピューター名に、IPv6アドレスを直接指定してください。

DocuShareなど外部アクセス接続サービスで、接続先URLにIPv6アドレスで指定すると正しく動作しない。

例:http://[ipv6:2001:db8::1]

IPv6環境ではDNSサーバーを運用し、接続先URLをFQDNで指定してください。

出力されたジョブログにIPv6アドレスが正しく記載されない。

IPv4で運用してください。