転写出力調整

ここでは、転写出力調整について説明します。

本機で転写不良が発生した場合などに、転写出力値を手動またはサンプルプリントを読み込むことによって調整できます。

注記
  • この機能は、親展ボックスに空きがある場合にのみ使用できます。親展ボックスに空きがあることを確認してください。

転写出力調整の設定

用紙種類ごとに、転写出力値を調整します。

補足
  • お使いの機種によって、設定できる用紙種類は異なります。手順説明で使用している画面が、お客様のお使いの機種と異なる場合があります。

転写出力値を手動で調整する

参照
  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. [仕様設定]>[共通設定]>[保守]を押します。

  3. [転写出力調整]を押します。

    image
  4. [用紙種類]を選択します。

    image
  5. 調整する用紙種類を選択して、[閉じる]を押します。

    image
  6. 転写出力の値を調整します。

    [サンプル番号指定]で調整する場合
    1. [サンプル番号指定]を選択します。

    2. [サンプル出力]を押します。

      image
    3. 手差しトレイに選択した用紙サイズの用紙をセットして、[片面]または[両面]を選択します。

      image
    4. [スタート]を押します。次のようなサンプルがプリントされます。

      image
      補足
      • サンプルの右上に、おもて面は「Side1」、うら面は「Side2」とプリントされます。

      • 用紙サイズがA4、B4、8.5 × 11 インチの場合は、サンプルが2 枚に分かれてプリントされます。

    5. サンプルを確認して、良好な行の左端の数値(-5 ~ +10)を控えておきます。

      補足
      • 両面でプリントした場合は、おもて面の数値と、うら面の数値の両方を控えてください。

    6. [サンプル番号指定]を選択して、[おもて面]と[うら面]に、手順5)で控えた数値を指定します。

      image
    7. 手順7に進みます。

    [任意(パーセント)指定]で調整する場合
    1. [任意(パーセント)指定]を選択します。

    2. [おもて面]と[うら面]に、現在の出力を100%とした場合の調整値(パーセント)を指定します。

      補足
      • 調整不良のときは、数値を増やしてください。

    3. 手順7に進みます。

  7. [調整値設定]を押します。

    以降のプリントでは、ここで設定した転写出力値が反映されます。

  8. [閉じる]を押します。

転写出力値をサンプルプリントを読み込んで調整する

  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. [仕様設定]>[共通設定]>[保守]を押します。

  3. [転写出力調整]を押します。

  4. [用紙種類]を選択します。

    image
  5. 調整する用紙種類を選択して、[閉じる]を押します。

    image
  6. [サンプル出力]を押します。

    image
  7. 手差しトレイに選択した用紙サイズの用紙をセットして、[片面]または[両面]を選択します。

    image
  8. [スタート]を押します。

    次のようなサンプルがプリントされます。

    image
    補足
    • サンプルの右上に、おもて面は「Side1」、うら面は「Side2」とプリントされます。

    • 用紙サイズがA4、B4、8.5 × 11 インチの場合は、サンプルが2 枚に分かれてプリントされます。

  9. [サンプル読み込み]を押します。

    image
  10. 画面の指示に従って、サンプルプリントを原稿ガラスにセットします。

  11. サンプルプリントの上に、サンプルプリントと同じサイズの白紙を5枚以上重ねて置き、原稿カバーを閉じて、[読み込み]を押します。スキャンが終了したら、チャートと白紙を取り除きます。サンプルプリントが両面の場合は、サンプルプリントのおもて面とうら面に手順11と12を行います。

    補足
    • サンプルプリントの内容と枚数によって、必要なスキャン回数が決定されます。

      • サンプルプリントが片面1枚のとき:1回

      • サンプルプリントが両面1枚のとき:2回

      • サンプルプリントが片面2枚のとき:2回

      • サンプルプリントが両面2枚のとき:4回

    • [調整開始]はサンプルプリントを1回スキャンすると画面に表示されます。必要な数サンプルプリントをスキャンしたあと、押してください。

    • 必要なスキャン回数が不足したまま[調整開始]を押すと、次の手順で転写出力調整が異常終了します。

    • サンプルプリントの内容に関わらず、スキャンは最大4回まで行うことができます。必要回数を超えてスキャンを行った場合は、あとからスキャンしたデータを優先的に使用し、必要回数のスキャンデータで転写出力調整を行います。

    • スキャン回数が2回以上のサンプルプリントをスキャンするときは、[サンプル出力]で出力したサンプルプリント一式を全てスキャンしてください。出力時間差が24時間以上あるサンプルプリントを混ぜてスキャンすると、24時間以上前のサンプルプリントは調整用のデータとして使用されません。

  12. スキャンが終了したら、[調整開始]を押します。

    補足
    • 転写出力調整が正常に終了すると[完了しました]というメッセージが表示されます。

  13. [おもて面]と[うら面]に本機が算出した推奨調整値(サンプル番号)が表示されます。

    image
  14. [調整値設定]を押します。

    以降のプリントでは、ここで設定した転写出力値が反映されます。

  15. [閉じる]を押します。

長尺用紙の転写出力値を調整する

  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. [仕様設定]>[共通設定]>[保守]を押します。

  3. [長尺用紙の転写出力調整]を押します。

  4. [用紙種類]を選択します。

  5. 調整する用紙種類を選択して、[OK]を押します。

  6. 転写出力の値を調整します。

    [サンプル番号指定]で調整する場合
    1. [サンプル番号指定]を選択します。

    2. [サンプル出力]を押します。

    3. 手差しトレイに選択した用紙サイズの長尺用紙をセットします。

    4. [スタート]を押します。次のようなサンプルがプリントされます。

      image
      補足
      • サンプルの右上に「Side1」とプリントされます。

    5. サンプルを確認して、良好な行の左端の数値(-5 ~ +10)を控えておきます。

    6. [サンプル番号指定]を選択して、手順5)で控えた数値を指定します。

    7. 手順7に進みます。

    [任意(パーセント)指定]で調整する場合
    1. [任意(パーセント)指定]を選択します。

    2. 現在の出力を100%とした場合の調整値(パーセント)を指定します。

      補足
      • 調整不良のときは、数値を増やしてください。

    3. 手順7に進みます。

  7. [調整値設定]を押します。

    以降のプリントでは、ここで設定した転写出力値が反映されます。

  8. [閉じる]を押します。