出力イメージの手動濃度調整(手動面内ムラ調整)

出力イメージの濃度ムラを手動で調整する方法について説明します。

補足
  • 面内ムラ調整で出力する用紙もプリントページ数にカウントされます。詳しくは、メーター確認を参照してください。

  • カード認証機器を使用している場合、補正用チャートの出力や読み込み時に、カード認証が必要となる場合があります。

  1. トレイに用紙をセットします。

  2. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  3. [仕様設定]>[共通設定]>[保守]を押します。

  4. [面内ムラ調整]を選択します。

  5. [手動面内ムラ調整]を選択します。

    image
  6. 手順1 で用紙をセットしたトレイを選択し、[プリント開始]を押します。

    image
    カバレッジ1、2

    出力サンプルにプリントする濃度を、イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの色ごとに、2 種類設定できます。

    フルカラー/ 単色

    全ての色の濃度とバランスを確認するときは[フルカラー]を選択し、特定の色に限定して濃度を確認するときは[単色]を選択します。

    [単色]を選択した場合は、プリントする色を[イエロー]、[マゼンタ]、[シアン]、[ブラック]から選択してください。

    用紙選択

    濃度を調整したい用紙がセットされたトレイを選択します。

  7. [確認]を押します。

  8. 出力サンプルを確認し、ムラが発生している場合は、濃度を調整します。

    image
    1. [イエロー]、[マゼンタ]、[シアン]、[ブラック]から調整する色を選択します。

    2. 出力サンプルの状態に応じて、形状、レベル、傾きを設定します。

    形状

    出力サンプルへの濃度分布調整量を形状1~10のうちから選択します。

    参照
    • 形状については、形状一覧を参照してください。

    レベル

    出力サンプルの濃度差のレベルを1~9のうちから選択します。レベル1は調整量が無いことを表し、値が大きいほど調整量が大きいことを表します。

    傾き

    出力サンプルに対して、濃度分布を次のように調整します。調整量を-17 ~ 17 の範囲で設定します。

    値が大きいほど調整量が大きいことを表します。

    image
    補足
    • 濃度分布がこれらのパターンとは異なるときは、[形状]、[レベル]を使用して調整してください。

  9. 調整後、再度[プリント開始]で出力サンプルをプリントし、調整結果を確認します。

  10. 必要があれば、もう一度、調整し直します。

  11. [OK]を押します。

  12. [×]を押します。

形状一覧

次の表を参照して、形状を選択してください。

image