出力イメージの自動位置調整(自動アライメント補正)

出力イメージの位置を用紙トレイごとに自動で調整する方法(自動アライメント補正)について説明します。

用紙の伸縮、断裁精度、用紙の保管状態などによって、出力イメージの位置がずれたときなどに調整してください。

注記
  • この機能は、親展ボックスに空きがある場合にのみ使用できます。親展ボックスに空きがあることを確認してください。

補足
  • アライメント補正で出力する用紙もプリントページ数にカウントされます。詳しくは、メーター確認を参照してください。

  • 原稿ガラスでは、背景用シートを用い、補正用チャートを4回に分けて読み込むため、高精度な調整が可能です。原稿送り装置では、補正用チャートを自動的に読み込みますが、原稿送り装置の機構や状態により、読み取り誤差が発生する場合があります。

  • 背景用シートは、メディア(ソフトウェア/製品マニュアル)内の[Alignment Background Sheet]フォルダーに格納されている「SIQA_sheet1_11x17.pdf」または「SIQA_sheet1_A3.pdf」を両面出力したものを使用してください。

  • カード認証機器を使用している場合、調整用チャートの出力や読み込み時に、カード認証が必要となる場合があります。

アライメント補正用チャートのプリント

出力イメージの位置の調整用チャートをプリントします。

  1. 出力イメージの位置を調整したいトレイに、調整したい用紙をセットします。

    補足
    • よこ182mm×たて182mm以上のサイズの用紙をセットしてください。

    • 色紙や下地色の強い用紙を使用すると、正しく調整できないことがあります。

  2. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  3. [仕様設定]>[共通設定]>[保守]を押します。

  4. [アライメント補正の設定]を選択します。

  5. [自動アライメント補正]を選択します。

    image
  6. [補正用チャート出力]を選択します。

    image
  7. 手順1で用紙をセットしたトレイを、[用紙選択]で選択します。

    カバレッジ1、カバレッジ2、および補正用チャートのプリント枚数を指定して、[プリント開始]を押します。

    アライメント補正用チャートがプリントされます。

    image
    補足
    • ばらつきの平均値を算出するため、補正用チャートは3枚以上プリントおよびスキャンすることをお勧めします。

    • 複数の用紙トレイのアライメント補正を一度に行うには、ひとつの用紙トレイの補正用チャートをプリントしたあと、別の用紙トレイを選択し、再度チャートをプリントしてください。すべてのチャートを読み込むことで、各用紙トレイの調整値を続けて保存できます。

    • 補正用チャートには、「どの用紙トレイから」「何枚め」にプリントされたかの情報がコード化されており、スキャン時にその情報が読み取られます。

  8. 補正用チャートを読み込みます。

    補足