誤ったUser IDを付けたプライベートプリントのジョブを削除する

プライベートプリント機能を使用している場合は、誤ったUser IDを付けてプリント指示した文書もすべて、プライベートプリントに保存されます。機械管理者は、手動で削除するか、保存期間を設定して保存期間を過ぎたジョブが自動的に削除されるように設定してください。

ここでは、誤ったUser IDを付けて保存されたプリント文書を削除する方法を説明します。

参照
  1. タッチパネルディスプレイの認証情報の表示エリアを押します。

  2. 機械管理者のUser ID を入力し、[確定]を押します。

    パスワードを入力する場合は、[次へ]を押し、機械管理者のパスワードを入力して[確定]を押します。

  3. ホーム画面の[ジョブ確認]を押します。

  4. [保存文書]を押します。

  5. [プライベートプリント]を押します。

  6. 削除するUser IDを選択して、[文書確認/プリント]を押します。

  7. 文書を選択して、[削除]を押します。