認証の設定

本体認証の場合と外部認証の場合に分けて説明します。

本体認証の設定

本体認証に設定する手順を説明します。

  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. [認証/セキュリティ設定]を押します。

  3. [認証の設定]を押します。

  4. [認証方式の設定]を押します。

  5. [本体認証]を選択し、[決定]を押します。

    参照
  6. [アクセス制御]を押します。

  7. [サービスへのアクセス]を押します。

  8. 制限を変更するサービスを選択し、 [確認/変更]を押します。

  9. [制限しない]、[制限する(表示)]、または[制限する(非表示)]を選択し、[決定]を押します。

  10. それぞれの機能の設定が終わったら、[閉じる]を押します。

  11. 操作パネルのボタンの操作を禁止する場合には、[デバイスへのアクセス]を押して[制限する]を選択し、[決定]、[閉じる]を押します。

  12. [パスワードの運用]設定の[パスワード使用-パネル入力時]を選択し、[確認/ 変更]を押します。

    パスワードを入力する場合には[する]を、パスワードを入力しない場合には[しない]を選択し、[決定]、[閉じる]を押します。

  13. [ユーザー登録/集計確認]を押します。

  14. 「 (未登録)」と表示されているユーザーを選択し、[登録/ 確認]を押します。

  15. [user ID]を入力してから、[決定]を押します。

  16. [サービスの利用制限]を押します。

  17. サービスごとの上限ページ数、機能制限を設定し、[閉じる]を押します。

  18. 必要に応じて、[ユーザーの権限]に、管理の権限、権限グループを設定し、[決定]を押します。

  19. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  20. [×]を押します。

    補足
    • 設定内容によっては、再起動が必要です。画面が表示されたら再起動してください。

    • [サービスへのアクセス]で制限したいサービスに[制限する(表示)]を設定すると、ホーム画面の該当するサービスに[icon]が表示されます。

      認証すると[icon]の表示は消えます。

    • [サービスへのアクセス]で制限したいサービスを[制限する(非表示)]に設定すると、制限されたサービスはホーム画面に表示されません。認証すると、制限されたサービスも表示されます。

外部認証の設定

外部認証に設定する手順を説明します。

  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. [認証/セキュリティ設定]を押します。

  3. [認証の設定]を押します。

  4. [認証方式の設定]を押します。

  5. [外部認証]を選択し、[決定]を押します。

    参照
  6. [はい(変更/ 削除)]を押します。

  7. [アクセス制御]を押します。

  8. [サービスへのアクセス]を押します。

  9. 制限しない機能を[制限しない]に設定し、[決定]を押します。

  10. [仕様設定/ 登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  11. [仕様設定]を押します。

  12. [ネットワーク設定]を押します。

  13. [外部認証サーバー/ ディレクトリサービス設定]を押します。

  14. [認証システムの設定]>[認証システム]を押し、認証のための外部サーバーを指定します。

    補足
    • [Kerberos]、[LDAP]、[SMB]、[Authentication Agent]、[Azure Active Directory]が選択できます。

    • 外部認証サーバーに、ApeosWare Management Suiteを使用する場合は、[Authentication Agent]を選択してください。

    参照
  15. 使用する外部認証サーバーの設定をします。

    補足
    • Azure Active Directoryの設定は、CentreWare Internet Services で行います。各項目については、CentreWare Internet Servicesのヘルプを参照してください。

  16. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  17. [×]を押します。

    補足
    • 設定内容によっては、再起動が必要です。画面が表示されたら再起動してください。

    • [サービスへのアクセス]で制限したいサービスに[制限する(表示)]を設定すると、ホーム画面の該当するサービスに[icon]が表示されます。

      認証すると[icon]の表示は消えます。

    • [サービスへのアクセス]で制限したいサービスを[制限する(非表示)]に設定すると、ホーム画面に該当するサービスは表示されません。認証すると該当するサービスも表示されます。

外部サーバーに[LDAP]を指定した場合

次の手順で、権限設定を行います。

  1. CentreWare Internet Services を起動します。

  2. [プロパティ]タブをクリックします。

  3. [ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[LDAP]>[LDAPグループアカウント]をクリックします。

  4. [機械管理の権限]、[集計管理の権限]のそれぞれに、機械管理の権限、集計管理の権限の属性を設定します。
    例)
    機械管理の権限 「CN=SA,CN=Users,DC=secEQ,DC=local」
    集計管理の権限 「CN=AA,CN=Users,DC=secEQ,DC=local」

  5. [新しい設定を適用]ボタンをクリックします。