認証するための設定

認証するための設定について説明します。

設置手順の概要

認証するためには、次の設定をします。

注記
  • 認証状態の変化によって、使用できなくなるジョブフローが親展ボックスに関連づけられている場合、変更/複製はできなくなりますが、利用はできます。ただし、関連づけを解除すると、そのジョブフローは表示されなくなり、利用できなくなります。

必要に応じて、デフォルト権限グループの変更、権限グループの追加を行います。

本体認証の場合

認証方式、アクセス制御の設定、ユーザーの登録を行います。

外部認証の場合

認証方式、アクセス制御の設定、外部認証サーバーの設定を行います。

必要に応じて、デフォルト権限グループの変更、権限グループの追加を行います。