親展ボックスの作成/ 利用について

親展ボックスは、認証機能を利用していないときに作成した親展ボックスと、認証機能を利用しているときに作成した親展ボックスでは、利用条件が異なります。

注記
  • 認証機能を「利用する」から「利用しない」、または「利用しない」から「利用する」に変更した場合は、使用していた親展ボックスは、機械管理者以外は使用できなくなります。使用していた親展ボックスは、すべて削除して新しく作成し直してください。

  • 認証機能を外部認証に変更したり、外部認証からほかの認証モードに変更した場合、変更する前に使用していた親展ボックスは削除されます。

認証機能を利用している場合

補足
  • 認証機能を利用しているときに、親展ボックスを利用できるのは、次のユーザーです。

    • [本体認証]設定時、認証されたユーザーおよび機械管理者

    • [外部認証]設定時、ゲストユーザー以外で認証されたユーザー

    • [ネット集計管理]で[入力情報の照合]を[あり]、[ユーザー入力項目]を[User IDとAccount ID]または[User IDのみ]設定時に認証されたユーザー

認証機能を利用しているときに、親展ボックスを作成/利用できる親展ボックスの作成者と利用ユーザーの関係は次のとおりです。

親展ボックスの作成者

利用できるユーザー

利用できる操作

認証ユーザー

作成者/機械管理者

表示、削除、設定変更、文書表示、文書削除、文書登録、文書出力、ジョブフロー表示、ジョブフロー関連づけ、ジョブフロー実行

機械管理者

すべての認証未登録ユーザー*2/すべての認証ユーザー/機械管理者

表示、削除*1、設定変更*1、文書表示、文書削除、文書登録、文書出力、ジョブフロー関連づけ*1、ジョブフロー表示、ジョブフロー実行

*1: 機械管理者のみ操作できます。

*2: 機械管理者モードの認証機能の運用設定で、親展ボックスの操作を許可している場合に利用できます。

認証機能を利用していない場合

親展ボックスの作成者と利用ユーザーの関係は次のとおりです。

親展ボックスの作成者

利用できるユーザー

利用できる操作

一般ユーザー

すべての一般ユーザー/機械管理者

表示、削除、設定変更、文書表示、文書削除、文書登録、文書出力、ジョブフロー表示、ジョブフロー関連づけ、ジョブフロー実行

機械管理者

すべての一般ユーザー/機械管理者

表示、削除*、設定変更*、文書表示、文書削除、文書登録、文書出力、ジョブフロー関連づけ*、ジョブフロー表示、ジョブフロー実行

*: 機械管理者のみ操作できます。

補足
  • ネットワークスキャナーユーティリティ3 を利用しての文書登録、文書出力は認証の対象外です。