利用制限について

本機の利用を制限することができます。

全体での利用制限

認証モードでは、本機自体および各サービスの利用を制限することができます。利用するには、ユーザー認証が必要です。

補足

デバイスへのアクセス

本機の操作パネルのボタン操作を制限できます。

サービスのアクセス

コピー、ファクス、スキャナーなどの機能ごとに、利用を制限するかどうかを設定できます。

機能の使用制限

カラーコピーの使用、親展ボックスからのプリント、親展ボックスからの取り出しについて、制限できます。

ユーザーごとの利用制限

ユーザーごとに、サービスの利用制限、上限ページ数、ジョブフロー、親展ボックスの作成、編集、利用を制限できます。