ユーザーの種類について

認証機能を利用しているときは、次の3種類のユーザーに分けられます。

補足
  • 認証機能を利用していないときは、機械管理者と一般ユーザーに分けられます。

機械管理者

使用環境に合わせてシステムの設定値を登録/変更できるユーザーです。

機械管理者は、機械管理者IDという特殊な定義のUser IDを使用します。

認証ユーザー

認証機能を使用しているときの、本機または外部のサーバーに登録されているユーザーです。それぞれのUser IDを使って認証します。

認証ユーザーのUser ID には、使用目的に応じてサブユーザーを関連づけできます。ひとつのUser IDには、最大10個のSub User IDを関連づけできます。

補足
  • サブユーザーを利用するには、別途アプリケーションが必要です。詳しくは、弊社の営業担当者にお尋ねください。

認証未登録ユーザー

認証機能を使用しているときの、登録されていないユーザーです。

認証未登録ユーザーは、利用が制限されているサービスを利用できません。