Step1 本体側の設定(証明書の設定)

CentreWare Internet Servicesで証明書を設定する場合の手順について説明します。

CentreWare Internet Servicesで証明書を設定するには、HTTPの通信を暗号化する設定を行ってから、他の認証局で作成された証明書を本機にインポートして、IPsec 用証明書として設定します。

補足
  • 本機にインポート可能な証明書の公開鍵は、RSA®公開鍵4096 ビットまでとなります。

  • IPsec用には、CentreWare Internet Servicesで作成した自己証明書は使用できません。

参照
  1. CentreWare Internet Servicesを起動します。

    参照
  2. 証明書をインポートします。

    注記
    • 証明書をインポートするときに、[本体]または[その他]のどちらかのカテゴリーに、すでに同じ証明書が登録されている場合は、インポートできません。登録されている証明書を削除してから、インポートしてください。

    • IPsec用証明書としてインポートする証明書にV3拡張(KeyUsage)がある場合には、デジタル署名のビットがオンに設定されている必要があります。Windowsでの確認方法は、証明書の設定をWindows で確認する方法を参照してください。

    1. [プロパティ]タブをクリックします。

    2. [セキュリティー]をクリックします。

    3. [証明書の設定]をクリックします。

    4. [証明書のインポート]をクリックします。

    5. [パスワード]にインポートする証明書に設定されたパスワードを入力します。

    6. [パスワード]を入力します。

    7. [確認用パスワード]を入力します。

    8. インポートするファイル名を直接入力するか、[参照]ボタンをクリックして表示される、ダイアログボックスでインポートするファイルを選択し、[保存]をクリックします。

    9. [インポート]ボタンをクリックします。

    10. Webブラウザーの再読み込みを行います。

  3. 証明書を設定します。

    1. [セキュリティー]をクリックします。

    2. [証明書管理]をクリックします。

    3. [カテゴリー]で[本体]を、[証明書の目的]で[IP Sec]を選択し、[一覧の表示]ボタンを押します。

    4. 設定する証明書にチェックを付けます。

    5. [証明書の表示]ボタンを押します。

    6. [証明書の選択]ボタンを押します。

    7. [再起動]をクリックします。本機が再起動し、設定した値が反映されます。