証明書の状態

証明書を使用するには、証明書の状態が有効である必要があります。証明書の状態を確認するには、CentreWare Internet Services の[プロパティ]>[セキュリティー]>[証明書管理]>[証明書の詳細]画面から、[有効期間の確認]を確認してください。

証明書の状態

説明

原因

対処

有効

証明書に問題はありません。

-

-

有効(期限切れ間近)

証明書に問題はありませんが、有効期間終了まで1ヶ月をきっています。

-

-

無効(有効期間開始前)

証明書がまだ有効期間内ではありません。

証明書の有効期間開始が本機の時刻より前です。

証明書の有効期間開始時刻を確認してください。または、本機の時刻が正しく設定されているかどうか確認してください。

補足
  • Windows の場合は、証明書ファイルを開き、[詳細]タブから[有効期間の開始]を確認してください。

無効(有効期間終了)

証明書の有効期間内が終了しました。

証明書の有効期間終了が本機の時刻より後です。

証明書の有効期間終了時刻を確認してください。または、本機の時刻が正しく設定されているかどうか確認してください。

補足
  • Windows の場合は、証明書ファイルを開き、[詳細]タブから[有効期間の終了]を確認してください。

証明書の発行者が不明

証明書パスの構築に失敗しました。

証明書パスを構築するのに必要なCA 証明書がインポートされていません。

証明書パスに含まれるルートCA までのすべてのCA 証明書を本機にインポートしてください。

失効

この証明書は失効しています。

失効確認の結果、この証明書は失効しています。

失効していない証明書を使用してください。

失効確認に失敗

失効確認に失敗しました。

ネットワーク通信エラーなど、何らかの原因で失効確認に失敗しました。

失効確認の設定やネットワーク設定、本機の通信状態などを確認してください。

署名検証に失敗

証明書の署名検証に失敗しました。

証明書または署名が不正です。

証明書が正しいか確認してください。