ジョブフロー設定

[ジョブフロー設定]では、ジョブフローに関する設定をします。ジョブフローとは、登録された一連の作業を実行する機能です。

表示するジョブフローの初期値

ホーム画面の[ジョブフロー]を押したときに表示される、所有者、起点の初期値を設定します。

補足
  • 本機能は、ApeosPort シリーズだけが対応しています。

所有者

機械管理者と機械管理者以外のどちらのジョブフローを表示するかを設定します。

補足
  • 認証有りの場合、共有と個人のどちらのジョブフローを表示するかを設定します。

起点

スキャン、外部アプリケーション、コピーのどのジョブフローを表示するかを設定します。

カラー文書ファクス転送時の解像度

ジョブフローを使用して、カラー文書をファクス送信するときの解像度について設定します。

補足
  • 本機能は、ApeosPort シリーズだけが対応しています。

保存時のまま(画質優先)

ファクス転送時に、読み取り解像度のままカラー文書を白黒文書に変換します。高解像度の文書ほど白黒への変換処理に時間がかかります。

200dpiに変換(速度優先)

ファクス転送時に、カラー文書の解像度を200dpiの白黒文書に変換します。解像度300dpi以上の文書は、白黒への変換時間を短縮できます。

200dpiはファクスの[高画質]に相当する送信画質です。

ジョブフローの自動実行

ジョブフローを自動的に実行できるユーザーを設定します。

[機械管理者のみ許可]、[すべてのユーザーを許可]から選択できます。