ファクス機能設定初期値

ファクス機能の初期値を設定します。電源を入れたときや節電状態から復帰したとき、また[リセット]を押したときに、ここで設定されている初期値に戻ります。よく使う機能や値を初期値に設定しておくと、操作のたびに設定する手間が省けます。

参照
  • 設定項目の説明は、ファクスを参照してください。

送信画質

[送信画質]の初期値を設定します。

原稿の画質

[原稿の画質]の初期値を設定します。

送信濃度

[送信濃度]の初期値を設定します。

ミックスサイズ原稿送り

[ミックスサイズ原稿送り]の初期値を設定します。

プレビュー

[プレビュー]をあらかじめ有効にするかどうかを設定します。

白紙スキップ

[両面原稿送り]の初期値を[両面(白紙スキップ), 左右開き]に設定します。

通信モード

[通信モード]の初期値を設定します。

通信開始時刻

[優先通信/時刻指定]の[時刻指定]を[する]にしたときの、[通信開始時刻]の初期値を設定します。

発信元記録

[発信元記録]の初期値を設定します。

モニターレポート

[モニターレポート]を出力するかどうかの初期値を設定します。

配送/開封確認

[配送確認(DSN)]または[開封確認(MDN)]の初期値を設定します。

補足
  • 配送確認、開封確認のどちらに設定するかは、[送達確認方式]で行います。詳しくは、送達確認方式を参照してください。

インターネットファクスプロファイル

[インターネットファクスプロファイル]の初期値を設定します。

インターネットファクスの件名

[インターネットファクスの件名]の初期値を設定します。件名は、全角64文字(半角128文字)まで入力できます。

インターネットファクスの暗号化

[暗号化]の初期値を設定します。

補足
  • 外部認証時(ApeosWare Management Suiteを使用する場合を除く)、外部サーバー用のルート証明書を設定しているときに利用できます。