プロトコル設定

通信に必要な条件を設定します。

[プロトコル設定]は、通信に必要な設定ごとに以下のカテゴリーで構成されています。

  • Ethernet設定

  • TCP/IP-共通設定

  • TCP/IP-ネットワーク設定

注記
  • 各カテゴリーを設定するときは、それぞれの項目を選択し、[確認/変更]を押して、設定画面を開いてください。

また、[Ping 接続確認]では、設定した条件で正しく通信できるかを確認できます。

[ネットワークプロトコルレポート出力]では、プロトコル設定を出力できます。

Ethernet設定

Ethernetの設定をします。

Ethernet1- ネットワークの名称、Ethernet2- ネットワークの名称

Ethernet インターフェイスを2 回線利用する場合に、それぞれの名称を設定します。

補足
  • この項目は、セカンダリーイーサネットキット(オプション)を装着している場合のみ表示されます。

Ethernet- 速度設定/Ethernet1- 速度設定、Ethernet2- 速度設定

通信速度を次の項目から設定します。

補足
  • 本設定のタイトルはEthernetインターフェイスが1 回線のとき[Ethernet- 速度設定]のみ表示されます。Ethernet インターフェイスが2 回線のとき[Ethernet1- 速度設定]と[Ethernet2- 速度設定]が表示されます。

自動(~100Mbps)/自動(~1Gbps)

Ethernetの通信速度が自動的に検知されます。

100BASE - TX(全二重)

100BASE - TX(全二重)に固定して使用する場合に選択します。

100BASE - TX(半二重)

100BASE - TX(半二重)に固定して使用する場合に選択します。

10BASE - T(全二重)

10BASE - T(全二重)に固定して使用する場合に選択します。

10BASE - T(半二重)

10BASE - T(半二重)に固定して使用する場合に選択します。

1000BASE - T

1000BASE - T に固定して使用する場合に選択します。

Energy Efficient Ethernet

Energy Efficient Ethernetを有効にするかどうかを設定します。

補足
  • 工場出荷時は、[有効]に設定されています。

TCP/IP - 共通設定

TCP/IPプロトコルに共通の設定をします。

プライマリーネットワーク

複数のインターフェイスを使用している場合、プライマリーネットワークとして動作するネットワークの名称が表示されます。

補足
  • Ethernet2 は、プライマリーネットワークに設定することはできません。

  • この項目は、セカンダリーイーサネットキット(オプション)、または無線キット(オプション)を装着している場合のみ表示されます。表示のみで設定はできません。

IP 動作モード

TCP/IP の動作モードを次の項目から設定します。

補足
  • 次世代ネットワーク(NGN) を利用する場合は、[IPv4モード]または[デュアルスタック]を選択します。

IPv4モード

IPv4で動作する場合に選択します。

IPv6 モード

IPv6で動作する場合に選択します。

デュアルスタック

IPv4、IPv6の混在した環境で使用する場合に選択します。

補足
  • 次世代ネットワーク(NGN)を利用する場合は、[IPv4モード]または[デュアルスタック]を選択します。

TCP/IP - ネットワーク設定/TCP/IP 設定(Ethernet1)、TCP/IP 設定(Ethernet2)、TCP/IP 設定(Wi-Fi)

共通設定以外のTCP/IP プロトコルの設定をします。

注記
  • [TCP/IP 設定(Ethernet1)]、[TCP/IP 設定(Ethernet2)]、[TCP/IP 設定(Wi-Fi)]に同じIP アドレスを設定することはできません。同一IP アドレスを設定したい場合は、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。

  • セカンダリーネットワークで使用できるポートは、LPD、Port9100、SNMP、インターネットサービス(HTTP)およびBonjourです。ネットワークスキャナーユーティリティ3 など、その他のポートを使用するアプリケーションでセカンダリーネットワークのインターフェイスを設定しても動作しないことがあります。

補足
  • [TCP/IP 設定(Ethernet1)]、[TCP/IP 設定(Ethernet2)]、[TCP/IP 設定(Wi-Fi)]には異なるIP アドレスを設定することを推奨します。

  • 本設定のタイトルはインターフェイスが1 回線のとき[TCP/IP - ネットワーク設定]のみ表示されます。インターフェイスが複数のとき、使用しているインターフェイスにあわせて、[TCP/IP設定(Ethernet1)]、[TCP/IP設定(Ethernet2)]、[TCP/IP設定(Wi-Fi)]が表示されます。

  • [TCP/IP 設定(Ethernet1)]、[TCP/IP 設定(Ethernet2)]、[TCP/IP 設定(Wi-Fi)]には[TCP/IP - ネットワーク設定]と同じ設定項目が表示されます。インターフェイスごとに独立したTCP/IP のネットワーク設定ができます。

  • [Ethernet1- ネットワークの名称]と[Ethernet2- ネットワークの名称]で任意の名称を設定した場合、[TCP/IP 設定(Ethernet1)]と[TCP/IP 設定(Ethernet2)]の[Ethernet1]と[Ethernet2]に設定した名称がそれぞれ表示されます。

IPv4 - IP アドレス取得方法

IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスの取得方法を指定します。

DHCPから取得

DHCPサーバーからIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを自動的に取得します。

BOOTPから取得

BOOTPサーバーからIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを自動的に取得します。

DHCP/AutoIPから取得

DHCPサーバーからIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを自動的に取得します。

DHCPサーバーとの通信に失敗した場合は、AutoIP機能が有効となり、IPアドレス(169.254.xxx.xxx)が割り当てられます。この場合も、DHCPサーバーと通信可能となった場合は、DHCPサーバーから取得し直します。

手動で設定

IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを手動で設定します。

補足
  • IPアドレスを設定しないと、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスは設定できません。

  • 次世代ネットワーク(NGN) を利用する場合は、[DHCP/AutoIPから取得]または[DHCPから取得]を選択します。

IPv4 - IP アドレス

[IPv4-IPアドレス取得方法]で[手動で設定]を選択した場合に、IPアドレスをキーボードまたはキーパッドで指定します。

補足
  • IPアドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力します。xxxは、0~255までの数値です。

  • 数値(0~9)、またはピリオド(.)による文字列で指定します。[1文字削除]で間違った入力を1文字ずつ削除できます。

IPv4 - サブネットマスク

[IPv4-IPアドレス取得方法]で[手動で設定]を選択した場合に、サブネットマスクをキーボードまたはキーパッドで指定します。

補足
  • IPアドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力します。xxxは、0~255までの数値です。

  • 数値(0~ 9)、またはピリオド(.)による文字列で指定します。[1文字削除]で間違った入力を1文字ずつ削除できます。

IPv4 - ゲートウェイアドレス

[IPv4-IPアドレス取得方法]で[手動で設定]を選択した場合に、ゲートウェイアドレスをキーボードまたはキーパッドで指定します。

補足
  • IPアドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力します。xxxは、0~255までの数値です。

  • 数値(0~ 9)、またはピリオド(.)による文字列で指定します。[1文字削除]で間違った入力を1文字ずつ削除できます。

IPv4 - DNS 設定

DNS サーバーを設定します。

DHCPからのアドレス取得

DNSサーバーのアドレスをDHCPサーバーから自動的に取得するかどうかを設定します。

DNS サーバーアドレス1 ~ 3

[DHCPからのアドレス取得]を[しない]に設定した場合は、DNSサーバーのアドレスを手動で設定します。DNS サーバーアドレス2 と3 には代替DNS サーバー のアドレスを設定できます。

IPv4 - 受付IP アドレス制限

本機への接続をIPv4アドレスで制限するかどうかを設定します。

補足
  • [IPv4-受付IPアドレス制限]は、TCP/IPを使用する全機能が対象となります。たとえば、プリント、スキャン(親展ボックススキャン)、CentreWare Internet Services、外部アクセス(ApeosPort シリーズのみ)などです。

  • 接続を受け付けるIPv4アドレスの登録は、CentreWare Internet Servicesの[受付IPアドレス制限]で行います。設定方法は、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。また、使用方法は、CentreWare Internet Servicesを参照してください。

  • [受付IPアドレス制限]を[する]に設定して、本機からスキャン画像をFTP転送する場合は、FTPの通信モードを必ず[Activeモード]に切り替えてください。FTP通信モードの切り替えは、CentreWare Internet Servicesで設定できます。

注記
  • CentreWare Internet Servicesのヘルプを表示するには、インターネットに接続できる環境が必要です。通信費用はお客様の負担になりますのでご了承ください。

IPv6 - アドレスの手動設定

IPv6アドレスを手動で設定するかどうかを選択します。

IPv6 - 手動設定IP アドレス

[IPv6-アドレスの手動設定]で[する]を選択した場合に、本体のIPv6アドレスを設定します。

補足
  • xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxxの形式で入力します。xxxxは16進数です。

  • 英数字(0~9、A~F)、またはコロン(:)による文字列で指定します。[1文字削除]で間違った入力を1文字ずつ削除できます。

IPv6 - 手動IP アドレスプレフィクス

[IPv6-手動設定IPアドレス]を設定した場合に、プレフィクス長を0~128の範囲で設定します。

IPv6 - 手動設定ゲートウェイ

[IPv6-手動設定IPアドレス]を設定した場合に、ゲートウェイアドレスを設定します。

補足
  • xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxxの形式で入力します。xxxxは16進数です。

IPv6 - DNS 設定

DNSサーバーを設定します。

DHCPからのアドレス取得

DNSサーバーのアドレスをDHCPサーバーから自動的に取得するかどうかを設定します。

DNS サーバーアドレス1 ~ 3

[DHCPからのアドレス取得]を[しない]に設定した場合は、DNSサーバーのアドレスを手動で設定します。DNS サーバーアドレス2 と3 には代替DNS サーバー のアドレスを設定できます。

IPv6 - 自動設定アドレス

自動的に設定されたIPアドレスを表示します。次が表示されます。

  • リンクローカルアドレス

  • ステートレス自動設定アドレス1とプレフィクス長

  • ステートレス自動設定アドレス2とプレフィクス長

  • ステートレス自動設定アドレス3とプレフィクス長

  • 自動設定ゲートウェイアドレス

補足
  • 手動でIPアドレスを設定している場合、ステートレス自動設定で割り当て可能なアドレスは2つまでです。

IPv6 - 受付IP アドレス制限

本機への接続をIPv6アドレスで制限するかどうかを設定します。

補足
  • [IPv6-受付IPアドレス制限]は、TCP/IPを使用する全機能が対象となります。たとえば、プリント、スキャン(親展ボックススキャン)、 CentreWare Internet Services、 外部アクセス(ApeosPortシリーズのみ)などです。

  • [受付IPアドレス制限]を[する]に設定して、本機からスキャン画像をFTP転送する場合は、FTPの通信モードを必ず[Activeモード]に切り替えてください。FTPの通信モードは、CentreWare Internet Servicesで設定できます。

  • 接続を受け付けるIPv6アドレスの登録は、CentreWare Internet Servicesの[受付IPアドレス制限]で行います。設定方法は、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。また、使用方法は、CentreWare Internet Servicesを参照してください。

注記
  • CentreWare Internet Servicesのヘルプを表示するには、インターネットに接続できる環境が必要です。通信費用はお客様の負担になりますのでご了承ください。

Ping 接続確認

設定した条件で本機とお使いのコンピューターが正しく通信できるかを確認できます。以下の項目を設定して[実行]ボタンを押すとPing 接続確認が開始されます。

インターフェイス

プロトコル設定に応じて[Ethernet1]または[Ethernet2]を選択します。

補足
  • この項目は、セカンダリーイーサネットキット(オプション)が装着されている場合のみ表示されます。

プロトコル

プロトコル設定に応じて[IPv4]または[IPv6]を選択します。

IP アドレス/ ホスト名

IP アドレスまたはホスト名を入力します。IP アドレスの場合は、IPv4 アドレスまたはIPv6 アドレスを入力します。ホスト名の場合は、ホスト名を半角32 文字(全角 16 文字)以内で入力します。

ネットワークプロトコルレポート出力

プライマリーインターフェイスのプロトコル設定をレポート出力します。