強制アノテーション

ジョブの種類ごとに関連づけられたレイアウトテンプレートに従い、ユーザー名や日付などの文字列(アノテーション)が強制印字されます。

補足
  • 複製管理、ペーパーセキュリティー、UUID印字が指定されている場合は、それらと重なって印字されます。

本機にはあらかじめ[preset1]~[preset4]のレイアウトテンプレートが用意されています。これらのテンプレートで印字される項目は次のとおりです。

  • [preset1]、[preset2]

    [文字列登録1]で登録した文字が、用紙中央に透かし文字で斜めに印字されます。

    用紙の右下([preset1]の場合)、または左下([preset2]の場合)に、次の項目が印字されます。

    • 上段:文書名、印字を指示したコンピューターのIPアドレス

    • 下段:ユーザー名、カードID、User ID、年月日時

  • [preset3]、[preset4]

    [文字列登録1]で登録した文字が、用紙中央に透かし文字で斜めに印字されます。

    用紙の右下([preset3]の場合)、または左下([preset4]の場合)に、次の項目が印字されます。

    • User ID、年月日時

    image
    補足
    • ジョブの種類や実行形態によっては、印字されない項目があります。

    • 機械が作成した白紙ページには、強制アノテーションは印字されません。

    • 強制アノテーションを印字する設定にしているときは、トレイ5(手差し)の自動サイズ検知機能は使用できません。

    • 強制アノテーションで印字される時刻は、本機の状況や設定、出力内容によって、出力を指示した時刻と異なる場合があります。印字される時刻は、出力を開始した時刻になります。

    参照

レイアウトテンプレートの関連付け

レイアウトテンプレートとの関連づけを設定します。関連づけを設定できるのは、次のジョブです。

  • コピー

  • クライアントプリント

  • ボックスプリント

  • メディアプリント

  • ファクス受信プリント

  • メール受信プリント

  • レポート/リスト

補足
  • クライアントプリントは、コンピューターからプリント指示をした場合です。

  • ボックスプリントは、親展ボックス内の文書をプリント指示した場合です。

レイアウトテンプレートの削除

レイアウトテンプレートを削除します。

注記
  • あらかじめ用意されているテンプレート[preset1]~[preset4]は削除できません。

文字列の登録

強制アノテーションで使用する文字列を登録します。文字列登録1~8の8種類の文字列を登録できます。全角32文字(半角64文字)まで入力できます。

注記
  • あらかじめ用意されているテンプレート[preset1]~[preset4]で使用できる文字列は、[文字列登録1]だけです。