時刻指定プリント

プリントを指示したデータを一時的に本機内に蓄積させ、指定した時刻にプリントできます。

時刻指定プリントで同時に実施(待機)できるジョブ数は100以下です。また、印刷待機中(指定したプリント時刻より前)に本機の電源を切った場合、指定時刻が過ぎたジョブは、次に本機の電源を入れた直後に自動的に印刷が開始されます。

時刻指定プリントの機能によって保存された文書のプリント、および削除方法について説明します。

参照
  • 詳しくは、プリンタードライバーのヘルプを参照してください。

補足
  • [認証/プライベートプリントの設定]の[受信制御]で、受信したジョブをプライベートプリントまたは認証プリントに保存するように設定した場合は、プリンタードライバーで時刻指定プリントを指示しても、[保存文書]の[時刻指定プリント]には保存されません。

    詳しくは、認証/プライベートプリントの設定を参照してください。

  1. [時刻指定プリント]を押します。

  2. プリント、または削除する文書を選択します。

    image
    補足
    • 表示更新アイコンを押すと、最新の情報が表示されます。

    • [プリント予定時刻]は、プリントを開始する時刻です。

    • 保存文書のリスト表示/サムネール表示の切り替えやプレビュー表示ができます。

    • USBポートから入力されたダイレクトプリントジョブのプレビュー画像は生成されません。

    • 保存文書の一覧画面で、詳細情報を表示するかどうかを設定することができます。詳しくは、プリント文書一覧の詳細表示を参照してください。

    • プリンタードライバーで製本を指定した場合、[製本]アイコンが表示されます。

  3. 任意の項目を選択します。

削除

時刻指定プリントで保存されている文書を削除します。

注記
  • 削除した文書は、元に戻せません。

プレビュー

選択した文書のプレビュー画像を表示します。

補足
  • 保存文書のプレビュー画面には、先頭ページのみが表示されます。

  • 時刻指定プリントでは、プレビュー画像を回転させることはできません。

icon(ページビュー)

プレビュー画像を全体表示します。

ページビューでは、プレビューエリアの右側にファイル名、プリント予定時刻、ページ数、ホチキス、パンチの設定値が表示されます。

プレビュー画像をダブルタップすると拡大ビューに切り替わります。

image
icon(拡大ビュー)

プレビュー画像のサイズの拡大/縮小ができます。

拡大ビューでは、以下の操作ができます。

  • プレビュー画像をドラッグまたはフリックすると表示位置の移動ができます。

  • プレビュー画像をダブルタップすると画像サイズの拡大率を変更できます。

  • スライダーをドラッグすると画像サイズの拡大率を変更できます。

image
カラーモード

プリントする文書のカラーモードが表示されます。

両面プリント

片面、両面(短辺とじ)、両面(長辺とじ)が表示されます。

製本

左とじ/ 上とじ、右とじ/ 下とじが表示されます。

補足
  • プリンタードライバーで製本を指定した場合に表示されます。

  • とじ方向が判明できない場合は、「製本」のみが表示されます。

プリント

時刻指定プリントで保存されている文書をプリントします。プリントしたあと、文書は削除されます。また、手動でプリント指示をすると、予定時刻になってもプリントされません。

プリント

時刻指定プリントで保存されている文書をプリントします。プリントしたあと、文書は削除されます。また、手動でプリント指示をすると、予定時刻になってもプリントされません。

補足
  • 機械管理者モードで[プリント時の確認画面表示]が[しない]に設定されている場合は、確認画面は表示されずに、プリント後に文書は自動的に削除されます。詳しくは、プリント時の確認画面表示を参照してください。

はい(プリント開始)

文書のプリントを開始します。プリントしたあと、文書は削除されます。

いいえ(開始しない)

文書のプリントを取り消します。