使用環境の設定

Google クラウドプリントを利用するための設定について説明します。

本体側の設定

Google クラウドプリントを使って本機からプリントするには、本機がIPv4のネットワークに接続され、インターネットに接続できることが必要です。あらかじめ、本機に次の設定がされていることを確認してください。

項目

設定内容

参照

プロトコル設定

  • IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスなど、TCP/IP環境で機械を使用するための設定

  • DNSの設定*

プロトコル設定

プロキシサーバー設定*

  • サーバー名、ポート番号、ログイン名、パスワードなど、インターネットに接続するための設定

プロキシサーバー設定

*: お使いの環境に合わせて、必要な場合はこの項目を設定してください。

参照

プロトコル設定

  1. [仕様設定]>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]で、IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスなど、TCP/IP(IPv4)環境で機械を使用するための項目を設定します。

    補足
    • Google クラウドプリントは、IPv6環境では動作しません。

  2. DNSサーバーを手動で設定する必要がある場合は、[仕様設定]>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[TCP/IP-ネットワーク設定]で、[IPv4-DNS設定]を選択し、DNSサーバーの設定をします。

  3. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  4. 他の項目を設定しない場合は、[×]を押します。

プロキシサーバー設定

補足
  • お使いの環境に合わせて、必要な場合はこの項目を設定してください。

  1. [仕様設定]>[ネットワーク設定]>[プロキシサーバー一覧]>[プロキシサーバー設定]で、サーバー名、ポート番号、ログイン名、パスワードなど、インターネットに接続するための項目を設定します。

  2. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  3. 他の項目を設定しない場合は、[×]を押します。

Google クラウドプリントへの複合機の登録

CentreWare Internet Servicesを使用して[Googleクラウドプリント]ポートを起動し、Google クラウドプリントに本機を登録する手順を説明します。

Google クラウドプリントに本機を登録するには、あらかじめ利用するユーザーのGoogleアカウント(メールアドレス)を作成しておく必要があります。

Google クラウドプリント ver1.1 とver2.0 では、登録の手順が異なります。

手順

Googleクラウドプリント ver1.1

Googleクラウドプリント ver2.0

1

用紙の準備 (ver1.1 のみ)

ver2.0では用紙の準備は不要です。

2

[Googleクラウドプリント]ポートの起動

[Googleクラウドプリント]ポートの起動

3

Google クラウドプリントver1.1への複合機の登録

Googleクラウドプリントver2.0への本機の登録

参照
  • アカウントの作成方法について詳しくは、Google Inc.のウェブサイトを参照してください。

用紙の準備 (ver1.1 のみ)

登録の手順では、本機から登録手順書が出力されます。登録作業を始める前に、次の設定をしてください。

補足
  • 登録完了後、変更前の設定に戻してください。

  1. 機械管理者として、本機の認証モードに入ります。

  2. ホーム画面で、[仕様設定/登録]を押します。

  3. [仕様設定]>[プリンター設定]>[その他の設定]で、[用紙の置き換え]を選択し、[確認/変更]を押します。

  4. [近いサイズを選択]を選択し、[決 定]を押します。

  5. [閉じる]を押します。

  6. [×]を押します。

[Googleクラウドプリント]ポートの起動

  1. ネットワークに接続されたコンピューターで、Webブラウザーを起動します。

  2. Webブラウザーのアドレス入力欄に本機のIPアドレスを入力し、〈Enter〉キーを押します。

    CentreWare Internet Servicesが起動されます。

    補足
    • CentreWare Internet Servicesへの接続時、または操作中にユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、機械管理者IDとパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. [プロパティ]タブ>[ネットワーク設定]>[ポート起動]で、[Googleクラウドプリント]の[起動]にチェックを付け、[新しい設定を適用]をクリックします。

    Google クラウドプリントver2.0 に本機を登録する場合は、[Bonjour] の[ 起動] にもチェックを付けます。

    image
    補足
    • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

  4. Webブラウザーに、機械の再起動を指示するメッセージが表示されたら、[再起動]をクリックします。

    image
  5. 確認画面で[OK]をクリックします。

    機械が再起動し、設定した値が反映されます。

Google クラウドプリントver1.1への複合機の登録

  1. 機械が再起動したら、Webブラウザーの再読み込みを実行します。

  2. [プロパティ]タブ>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[Googleクラウドプリント]で[Googleクラウドプリントに登録]をクリックします。

    image
    補足
    • オプションのセカンダリーイーサネットキットまたは無線キットが装着されている場合は、使用するインターフェースを選択できます。

    • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

  3. メッセージが[未登録]から[登録中...]に変わり、本機から登録手順書がプリントされることを確認します。

    この登録手順書は、次の手順以降で必要です。

    image
    補足
    • [登録中...]のメッセージは手順6で登録処理が完了すると、[登録済み]に変わります。

    • [登録中...]が表示されてから、14分以内に手順6までの操作を行ってください。

  4. Webブラウザーのアドレス入力欄に登録手順書に記載されているURLを入力し、〈Enter〉キーを押します。

    補足
    • 登録手順書に記載されているQRコードからカメラ機能付きスマートフォンを使って、登録ページにアクセスすることもできます。

  5. 利用するユーザーのGoogleアカウント名とパスワードを入力してログインします。

    補足
    • ここでログインするアカウントは、登録時に機械のオーナーとして設定されます。

  6. [プリンタ登録を完了]をクリックします。

    これでGoogle クラウドプリントへの登録は完了です。

  7. [Manage your printers]をクリックします。

  8. 本機がリストに表示されていることを確認します。

    登録が完了すると、オーナーのアカウントでログインすることで、本機からプリントできます。

    補足
    • 登録に失敗した場合は、手順2に戻って[Googleクラウドプリントに登録]をクリックし、登録手順書をプリントし直してください。

    • オーナー以外のアカウントで利用したい場合は、共有の設定をしてください。共有の設定については、複数ユーザーによる複合機の共有についてを参照してください。

Googleクラウドプリントver2.0への本機の登録

補足
  • 本機をGoogleクラウドプリントver2.0に登録するには、お使いのコンピューターにGoogle ChromeTMがインストールされている必要があります。

  1. ネットワークに接続されたコンピューターで、Google Chromeを起動します。

    補足
    • お使いのGoogleアカウントにログインしていない場合は、ログインしてください。

  2. 画面の右上にある[icon]をクリックします。

  3. ドロップダウンメニューの[設定]をクリックします。

  4. [詳細設定を表示...]をクリックします。

  5. [Googleクラウドプリント]の下にある[管理]をクリックします。

    プリンター管理画面が表示され、[新しいデバイス]の下に登録できるプリンターの一覧が表示されます。

  6. 登録できるプリンターの一覧に本機が表示されていることを確認し、右の[登録]をクリックします。

  7. 確認画面で[登録]をクリックします。

  8. 機械管理者として、本機の認証モードに入ります。

  9. 本機のホーム画面で、[仕様設定/登録]>[仕様設定]>[プリンター設定]>[Googleクラウドプリント登録]を選択します。

  10. 確認画面で[はい(登録する)]を押します。

    しばらくすると、Google Chromeのプリンター管理画面の[マイデバイス]に、本機が追加され、Googleクラウドプリント ver2.0への登録が完了します。

    登録が完了すると、オーナーのアカウントでログインすることで、本機からプリントできます。

複合機の登録状況の確認

お使いの機械がGoogle クラウドプリントに登録されているかどうかは、CentreWare Internet Servicesで確認できます。

  1. ネットワークに接続されたコンピューターで、Webブラウザーを起動します。

  2. Webブラウザーのアドレス入力欄に本機のIPアドレスを入力し、〈Enter〉キーを押します。 CentreWare Internet Servicesが起動されます。

    補足
    • CentreWare Internet Servicesへの接続時、または操作中にユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、機械管理者IDとパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. [プロパティ]タブ>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[Googleクラウドプリント]をクリックします。

    登録状況によって、[登録済み]または[未登録]と表示されます。

    image
    補足
    • ネットワーク環境や混雑具合によっては、Google側の登録処理が完了するまで時間がかかることがあります。

    • [プロトコル設定]で[Googleクラウドプリント]が表示されない場合は、Google クラウドプリントポートが起動していない可能性があります。Google クラウドプリントポートについては、[Googleクラウドプリント]ポートの起動を参照してください。

    • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

複数ユーザーによる複合機の共有について

機械を共有したいユーザーのGoogleアカウントを登録しておくことで、オーナー以外のユーザーもGoogle クラウドプリントを利用して、お使いの機械からプリントできるようになります。

参照
  • 登録の手順について詳しくは、Google クラウドプリントのヘルプを参照してください。

  1. Webブラウザーを開いて、オーナーのアカウントでGoogle クラウドプリントにログインします。

  2. Google クラウドプリントの管理画面で、[プリンタ]をクリックします。

  3. 共有する機械を選択して、[共有]をクリックします。

  4. 表示された画面で、共有するユーザーのGoogleアカウント(メールアドレス)を入力し、[共有]をクリックします。

    [アクセス権のあるユーザー]リストに追加されます。

    補足
    • リストに追加されたユーザーがGoogle クラウドプリントにログインすると、オーナーにより共有の設定が行われたことを示すメッセージが表示されます。共有に同意してください。

Google クラウドプリントへの複合機の登録の解除

Google クラウドプリントへの登録を解除する手順を説明します。

注記
  • Google クラウドプリントのプリンター管理画面からお使いの機械の登録を解除しても、機械側には設定が反映されません。必ずCentreWare Internet Servicesから、次の手順で登録の解除を行ってください。

  1. ネットワークに接続されたコンピューターで、Webブラウザーを起動します。

  2. Webブラウザーのアドレス入力欄に本機のIPアドレスを入力し、〈Enter〉キーを押します。

    CentreWare Internet Servicesが起動されます。

    補足
    • CentreWare Internet Servicesへの接続時、または操作中にユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、機械管理者IDとパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. [プロパティ]タブ>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[Googleクラウドプリント]で、[登録を解除]をクリックします。

  4. メッセージが[登録済み]から[未登録]に変わることを確認します。

    image
    補足
    • ネットワーク環境や混雑具合によっては、Google側の解除処理が完了するまで時間がかかることがあります。

    • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。