プリント機能の設定

プリント機能を利用するための設定について説明します。

設定の変更は、機械管理者が実施してください。

プリント機能の概要

本機は、USBケーブルで直接コンピューターと接続するとローカルプリンターとして、ネットワークを経由するとネットワークプリンターとして使用できます。

使用するポートは、操作パネルやCentreWare Internet Servicesで[起動]に設定します。

image
補足
  • プリンタードライバーはメディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)に入っています。インストール方法については、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)に入っている『メディア情報』を参照してください。

  • おまかせセットアップではArt EXプリンタードライバーがインストールされます。Art EX プリンタードライバー以外のプリンタードライバーは、お好みインストールを実施してください。

  • 最新のプリンタードライバーは、弊社公式サイトから入手できます。なお、通信費用はお客様の負担となりますので、ご了承ください。

    次のURL にアクセスして、ダウンロードしてください。

    https://www.fujixerox.co.jp/download/

ローカルプリンターとして使用する場合
USB接続

本機とコンピューターをUSBケーブルで直接接続して使用します。

参照
ネットワークプリンターとして使用する場合

次の環境で使用できます。

LPD

TCP/IPプロトコルを使用し、本機と直接通信できる場合に使用します。

参照
IPP

インターネットを経由してプリントする場合に使用します。

参照
Port9100

ポートとしてPort9100を利用している場合に使用します。

参照
BMLinkSプリント

BMLinkSドライバーを使ったBMLinkSプリントサービスが使用できます。

参照
  • 詳しくは、BMLinkSを参照してください。

BMLinkS保存文書印刷

BMLinkSストレージサービスにある文書をプリントします。

参照
  • 詳しくは、BMLinkSを参照してください。

各OS(オペレーティングシステム)で使用できる環境

接続形態

ローカル

ネットワーク

ポート名

USB 3.0*1

LPD

IPP

Port 9100

WSD*2

Bonjour

プロトコル

-

TCP/IP

TCP/IP

TCP/IP

WSD*2

Bonjour

OS

Windows Server 2008

×

×

Windows Server 2008 R2

×

Windows 7

×

Windows 8.1

×

Windows Server 2012

×

Windows Server 2012 R2

×

Windows 10

×

Windows Server 2016

×

Windows Server 2019

×

UNIX

×

*3

×

×

×

×

Mac OS*4

×

×

使用できる

×

使用できない

*1: 接続するコンピューターにUSBのポートが必要です。

*2: 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

*3: PostScriptデータをプリントする場合は、Adobe PostScript 3キット(オプション)とUNIXフィルター(エイセル株式会社製)が必要です。

*4: サポートしているMac OSの詳細は、主な仕様を参照してください。

USBでの設置

USBでの設置について説明します。

Step1 事前準備

本機をUSBで使用する場合は、次のものが必要です。

  • USBケーブル

  • メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル):本体に同梱

Step2 本体側の設定

本機でUSBを使用するための、本体側の設定手順について説明します。

補足
  • USBを使用して、バイナリーデータを含むデータをプリントするときには、[Adobe通信プロトコル]を[RAW]に設定する必要があります。詳しくは、USBを参照してください。

  • CentreWare Internet Servicesを使用して設定することもできます。詳しくは、CentreWare Internet Servicesで設定できる項目を参照してください。

  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. USBポートを起動します。

    1. [ネットワーク設定]を押します。

    2. [ポート設定]を押します。

    3. [USB]を選択し、[確認/変更]を押します。

    4. [USB-ポート]を選択し、[確認/変更]を押します。

    5. [起動]を選択し、[決 定]を押します。

  3. 必要に応じて、プリントモードや自動排出時間などを設定します。

    参照
    • 設定項目は、USBを参照してください。

  4. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  5. [×]を押します。

    補足
    • 設定内容によっては、再起動が必要です。画面が表示されたら再起動してください。

  6. 機能設定リストをプリントし、USBポートが起動になっていることを確認します。

    参照

Step3 コンピューター側の設定

コンピューター側では、プリンタードライバーをインストールする必要があります。

参照
  • 使用できるOSについては、各OS(オペレーティングシステム)で使用できる環境を参照してください。

  • プリンタードライバーのインストール手順については、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内の『メディア情報』を参照してください。

  • Mac OSをお使いの場合、Mac OS用プリンタードライバーを使うと、MacintoshからもUSBを使用してプリントできます。インストール手順については、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内のMac用マニュアルを参照してください。

CentreWare Internet Servicesで設定できる項目

CentreWare Internet Servicesを使って、本体側の次の項目を設定できます。

参照
  • CentreWare Internet Servicesで設定できる項目については、CentreWare Internet Services画面の右上にある[ヘルプ]をクリックして表示される、ヘルプを参照してください。

  • CentreWare Internet Servicesの起動方法は、 CentreWare Internet Servicesを起動するを参照してください。

注記
  • CentreWare Internet Services のヘルプを表示するには、インターネットに接続できる環境が必要です。通信費用はお客様の負担になりますのでご了承ください。

  • USBインターフェイスで使用する受信バッファのメモリー容量

    ([プロパティ]>[一般設定]>[メモリー設定]>[USB])

  • ポート起動

  • 自動排出時間

  • Adobe通信プロトコル

    補足
    • この項目は、Adobe PostScript 3キット(オプション)を装着した場合だけ、設定します。

  • PostScript印刷待ちタイムアウト(RAWモード)

    補足
    • この項目は、Adobe PostScript 3キット(オプション)を装着した場合だけ、設定します。

TCP/IP(LPD/Port9100)での設置

TCP/IPでの設置について説明します。

Step1 事前準備

本機をTCP/IP(LPD/Port9100)で使用する場合は、次のものが必要です。

  • TCP/IPが使用できるネットワーク環境

  • メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル):本体に同梱

Step2 本体側の設定

本機でTCP/IP(LPD/Port9100)を使用するための、本体側の設定手順について説明します。LPDポート/Port9100ポートを起動したあと、TCP/IPを設定します。

補足
  • CentreWare Internet Servicesや、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)を使用して、設定することもできます。メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)を使っての設定方法は、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内の『メディア情報』を参照してください。

参照
  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. LPDを使用する場合はLPDポートを、Port9100を使用する場合はPort9100ポートを起動します。

    ここではLPDポートを起動する場合を例に説明します。

    1. [ネットワーク設定]を押します。

    2. [ポート設定]を押します。

    3. [LPD]を選択し、[確認/変更]を押します。

    4. [LPD-ポート]を選択し、[確認/変更]を押します。

    5. [起動]を選択し、[決 定]を押します。

    6. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  3. IPアドレスなどを設定します。

    この手順は、すでにIPアドレスが設定されている場合は必要ありません。

    また、DHCPやBOOTP環境がある場合は、取得方法だけを設定します。IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスの設定は必要ありません。

    参照
  4. Bonjourポートを起動して、 ネットワーク上のプリンターを自動的に検出するディスカバリー機能を有効にできます。

    補足
    • Bonjourを使用して検出したプリンターでプリントするためには、LPDポートを起動しておく必要があります。

    1. [ネットワーク設定]を押します。

    2. [ポート設定]を押します。

    3. [Bonjour]を選択し、[確認/変更]を押します。

    4. [Bonjour-ポート]を選択し、[確認/変更]を押します。

    5. [起動]を選択し、[決 定]を押します。

  5. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  6. [×]を押します。

    補足
    • 設定内容によっては、再起動が必要です。画面が表示されたら再起動してください。

  7. 機能設定リストをプリントし、LPDポートが起動になっていることと、TCP/IPの設定を確認します。

    参照
  8. 必要に応じて、その他のLPD/Port9100の設定を行ってください。

    参照

Step3 コンピューター側の設定

コンピューター側では、プリンタードライバーをインストールする必要があります。

参照
  • 使用できるOSについては、各OS(オペレーティングシステム)で使用できる環境を参照してください。

  • プリンタードライバーのインストール手順については、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内の『メディア情報』を参照してください。

  • Mac OSをお使いの場合、Mac OS用プリンタードライバーを使うと、MacintoshからもTCP/IP(LPD)を使用してプリントできます。インストール手順については、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内のMac用マニュアルを参照してください。

  • オプションのAdobe PostScript 3キットのインストール手順については、メディア(ソフトウェア/製品マニュアル)に入っているMac用マニュアルを参照してください。

CentreWare Internet Servicesで設定できる項目

CentreWare Internet Servicesを使って、本体側の次の項目を設定できます。

参照
  • CentreWare Internet Servicesで設定できる項目については、CentreWare Internet Services画面の右上にある[ヘルプ]をクリックして表示される、ヘルプを参照してください。

  • CentreWare Internet Servicesの起動方法は、CentreWare Internet Servicesを起動するを参照してください。

注記
  • CentreWare Internet Servicesのヘルプを表示するには、インターネットに接続できる環境が必要です。通信費用はお客様の負担になりますのでご了承ください。

  • ジョブのスプール先

    ([プロパティ]>[一般設定]>[メモリー設定]>[LPD])

    補足
    • この項目は、LPDポートを選択した場合だけ、設定します。

  • Port9100で使用する受信バッファのメモリー容量

    ([プロパティ]>[一般設定]>[メモリー設定]>[Port9100])

  • ポート起動

  • IP動作モード

  • ホスト名

  • IPv4 設定

    • IPアドレス取得方法

    • IPアドレス

    • サブネットマスク

    • ゲートウェイアドレス

  • IPv6設定

    • IPアドレスの手動設定

    • IPアドレス

    • リンクローカルアドレス

    • ゲートウェイアドレス

  • ドメイン名

  • DNS

    • IPv4

    • IPv6

  • DHCP/DDNS

  • ポート番号

  • TBCPフィルター

    補足
    • この項目は、Adobe PostScript 3キット(オプション)を装着した場合だけ、設定します。

  • タイムアウト

  • 最大セッション数

    補足
    • この項目は、LPDポートを選択した場合だけ、設定します。

  • TCP-MSSモード

  • TCP-MSSモード有効時のIPv4用サブネットマスク

  • 受付IPアドレス制限

    • IPv4

    • IPv6

インターネット印刷(IPP)での設置

インターネット印刷(IPP)での設置について説明します。

補足
  • IPPで送信されるデータサイズがプロキシサーバーの設定値より大きい場合、本機側にデータが届きません。プロキシサーバーの設定値を大きくするか、プロキシサーバーを使用しないように設定してください。

Step1 事前準備

本機をインターネット印刷(IPP)で使用する場合は、次のものが必要です。

  • TCP/IPが使用できるネットワーク環境

  • メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル):本体に同梱

Step2 本体側の設定

本機でインターネット印刷(IPP)を使用するための、本体側の設定手順について説明します。IPPポートを起動してから、TCP/IPを設定します。

補足
  • CentreWare Internet Servicesや、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)を使用して、設定することもできます。メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)を使っての設定方法は、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内の『メディア情報』を参照してください。

参照
  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. IPPポートを起動します。

    1. [ネットワーク設定]を押します。

    2. [ポート設定]を押します。

    3. [IPP]を選択し、[確認/変更]を押します。

    4. [IPP-ポート]を選択し、[確認/変更]を押します。

    5. [起動]を選択し、[決 定]を押します。

    6. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  3. IPアドレスなどを設定します。

    この手順は、すでにIPアドレスが設定されている場合は必要ありません。

    また、DHCPやBOOTP環境がある場合は、取得方法だけを設定します。IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスの設定は必要ありません。

    参照
  4. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  5. [×]を押します。

    補足
    • 設定内容によっては、再起動が必要です。画面が表示されたら再起動してください。

  6. 機能設定リストをプリントし、IPPポートが起動になっていること、およびTCP/IPの設定内容を確認します。

    参照
  7. 必要に応じて、その他のIPPの設定を行います。

    参照

Step3 コンピューター側の設定

コンピューター側には、プリンタードライバーをインストールする必要があります。

参照

CentreWare Internet Servicesで設定できる項目

CentreWare Internet Servicesを使って、本体側の次の項目を設定できます。

参照
  • CentreWare Internet Servicesで設定できる項目については、CentreWare Internet Services画面の右上にある[ヘルプ]をクリックして表示される、ヘルプを参照してください。

  • CentreWare Internet Servicesの起動方法は、 CentreWare Internet Servicesを起動するを参照してください。

注記
  • CentreWare Internet Servicesのヘルプを表示するには、インターネットに接続できる環境が必要です。通信費用はお客様の負担になりますのでご了承ください。

  • ジョブのスプール先

    ([プロパティ]>[一般設定]>[メモリー設定]>[IPP])

  • ポート起動

  • 追加ポート番号

  • TBCPフィルター

    補足
    • この項目は、Adobe PostScript 3キット(オプション)を装着した場合だけ、設定します。

  • 管理者モード

  • タイムアウト