ファイルの選択

文書プリント

  1. [文書の選択]を押して、ファイルを選択します。

    補足
    • 一度に選択できるファイルの数は、32ファイルまでです。

    • メディアに格納されているファイルの数が上限を超えている場合、[すべてを選択]または[この階層のすべてを選択]は使用できません。

    image
  2. ファイルの選択が終了したら、プリントオプションを設定します。

    参照
    補足
    • ファイルを選択して表示されるポップアップメニューで、選択の解除、詳細の表示ができます。

    • 4ファイル以上選択されている場合、[その他の文書…]を押して[選択文書一覧]画面を開くと、選択の解除、詳細の表示ができます。

  3. [スタート]を押します。

文書の選択

[一覧から選択]画面が表示されます。

補足
  • [番号]、[名前]または[更新日時]を押すと、それぞれ昇順、または降順でソートできます。

  • 選択したファイルには、チェックが付きます。ファイルが選択されている状態(反転表示)で再度押すと、選択が解除されます。

  • フォルダー名またはファイル名が、日本語で全角85 文字を超える場合、対象のフォルダー名またはファイル名は表示されません。

  • 本機でサポートしていない文字を含むフォルダー名は、正しく表示されないときがあります。また、そのフォルダーを選択した場合には、エラーとなります。

  • Windows 環境で作成された半角8 文字以下のフォルダーまたはファイルは、大文字と小文字の区別ができません。すべて大文字で表示されます。

すべてを選択

すべてのファイルが選択されます。

補足
  • メディアに格納されているファイルの種類やディレクトリー構成によっては、選択したすべてのファイルをプリントできないことがあります。

この階層のすべてを選択

現在の階層内のすべてのファイルを選択します。

詳細...

選択されている(反転表示)ファイルの詳細が表示されます。[詳細]画面の[プリントする]にチェックすると、プリント対象になります。

上の階層へ

現在の階層の1つ上の階層に移動します。

補足
  • このボタンは、上に階層がない場合は選択できません。

下の階層へ

現在の階層の1つ下の階層に移動します。

補足
  • このボタンは、フォルダーを選択している場合に使用できます。