メディアプリント使用時の注意

メディアプリントを使用するときは、次のことに注意してください。

  • デジカメプリントは、メディアが挿入されている状態で実行してください。メディアが抜けていると、エラーコード(016-794/116-212)が表示されます。

  • Exif フォーマットでない画像ファイル(コンピューターで作成されたJPEG/TIFFファイル)はプリントできません。

  • Exifフォーマットの画像ファイルをコンピューターで編集または保存すると、Exifフォーマットでなくなりますので、注意してください。

  • メディアに異常がある場合は、数分で処理を中断し、エラー表示します。

  • 本機の電源を切るときには、メディアを取り出してから行ってください。

  • メディアは、プリントが終了したら必ず手順に従って取り出してください。

  • メディアは、必ず内部のデータをバックアップしてから使用してください。

  • メディア内のファイル数や容量によっては、プリントに数分から数十分かかることがあります。

  • メディアは、コンピューターでフォーマットしたものを使用してください。

    (対応しているフォーマットはFAT12、FAT16、FAT32のみです。NTFS、exFATフォーマットには対応していません。)

  • メディアプリントでPDFファイルをプリントする場合、[PDFエミュレーション設定]の[プリント処理モード]の設定にかかわらず、[PDF Bridge]が使用されます。

    参照
  • USBホストアダプターを利用して、お客様がお持ちのUSBメモリーおよびUSBケーブル(必要に応じて)からプリントできますが、動作保証はできません。

  • 複数のUSBメモリーを同時に装着して使用することはできません。

  • 次のUSBメモリーは対象外です。

    • USBメモリーのコンテンツにアクセスするために別途ユーティリティが必要なメディアパーティションが複数あるUSBメモリー

    • 外付けのハブを介して接続したUSBメモリー

  • 著作権保護機能付きの音楽データなどのバックアップできないデータが保存されたメディアは使用しないでください。データの破損・消失による直接・間接の損害につき、弊社は一切の責任を負いかねます。

  • USBメモリーにアクセス中の取り出しを回避するためのメニューは提供していません。