スキャン機能の設定

スキャン機能を利用するための設定について説明します。

設定の変更は、機械管理者が実施してください。

スキャナー(ボックス保存)の設定

スキャナー(ボックス保存)について説明します。

Step1 ポートの起動とTCP/IPの設定

WebDAVプロトコルに対応している弊社製のネットワークスキャナーユーティリティ3(ネットワークスキャナードライバー、親展ボックスビューワー3)を使用する場合、SNMP、SOAP、WebDAVポートを起動し、IPアドレスなどを設定します。

注記
  • WebDAVを使用するときは[SSL/TLS設定]の[HTTP-SSL/TLS通信]を有効にすることをお勧めします。パスワード漏えいの抑止に効果があります。

補足
  • CentreWare Internet Servicesを使用して設定することもできます。設定方法は、CentreWare Internet Servicesを参照してください。

  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    参照
  2. ポートを起動します。

    1. [ネットワーク設定]を押します。

    2. [ポート設定]を押します。

    3. [SNMP]を選択し、[確認/変更]を押します。

    4. [SNMP-ポート]を選択し、[確認/変更]を押します。

    5. [起動]を選択し、[決定]、[閉じる]を押します。

    6. [SOAP]を選択し、[確認/変更]を押します。

    7. [SOAP-ポート]を選択し、[確認/変更]を押します。

    8. [起動]を選択し、[決定]、[閉じる]を押します。

    9. [WebDAV]を選択し、[確認/変更]を押します。

    10. [WebDAV-ポート]を選択し、[確認/変更]を押します。

    11. [起動]を選択し、[決定]を押します。

    12. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  3. IPアドレスなどを設定します。

    すでにIPアドレスが設定されている場合は、この手順は不要です。DHCPやBOOTP環境がある場合は、取得方法だけを設定します。アドレスが自動で取得できないときや、手動で設定するときはIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスの設定状態を確認します。

    参照
  4. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  5. [×]を押します。

    補足
    • 設定内容によっては、再起動が必要です。画面が表示されたら再起動してください。

  6. 機能設定リストをプリントし、WebDAVポートの起動とTCP/IPの設定を確認します。

    参照

Step2 親展ボックスの登録

スキャンデータを保存する親展ボックスを登録します。

参照

Step3 コンピューター側の設定

ネットワークスキャナユーティリティ3を使用する場合は、ネットワークスキャナユーティリティ3をコンピューターにインストールします。

参照
  • ネットワークスキャナユーティリティ3は、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)に入っています。インストール手順は、メディア(ソフトウェア/ 製品マニュアル)内の『メディア情報』を参照してください。

  • ネットワークスキャナユーティリティ3を使用する場合は、コンピューターからの操作を参照してください。