スキャナー(WSD)

[スキャナー(WSD)]画面では、本機にセットした原稿を、ネットワーク上のコンピューターからの操作でスキャンできます。また、本機でスキャンしたデータを、ネットワーク上のコンピューターに保存できます。

注記
  • コンピューターから操作するスキャンの場合

    コンピューターを操作するために、原稿をセットしたまま本機から離れる場合は、 十分に注意してください。他のユーザーが誤って操作した場合、原稿の紛失および情報漏えいのおそれがあります。できるだけ、本機に近い場所でコンピューターの操作をしてください。また、スキャン完了後は、すべての原稿が揃っていることを確認してください。

補足
  • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

  • 設定によっては、ホーム画面に[スキャナー(WSD)]が表示されないことがあります。詳しくは、スキャナー(WSD)の設定を参照してください。

  • スキャン時の解像度やファイル形式などは、本機の操作パネルでは設定できません。Windows のスキャンプロファイルで設定してください。詳しくは、Windows のヘルプを参照してください。

スキャン指示

スキャン開始の指示を出す起点を選択します。

PC から

コンピューターからの操作でスキャンを開始します。

本体から

本機でスキャンの指示をして、スキャンしたデータを指定したコンピューターに保存します。

保存先PC

ネットワーク上のコンピューターとスキャンの処理方法が表示されます。保存先を選択します。