ワンタッチボタン(アドレスを指定する)

ワンタッチボタンを使用して宛先を指定する場合を説明します。

ワンタッチボタンは、短縮宛先番号0001~0070、または0001~0060に登録されている番号に対応しています。たとえば、短縮宛先番号0001に登録されている場合は、〈1〉を押します。

入力後は、指定した宛先(アドレス)がタッチパネルディスプレイに正しく表示されていることを確認します。

注記
  • ワンタッチボタンにはセンサーが付いています。センサーによってワンタッチボタン番号が1 ~24、25 ~ 48、49 ~ M02 であるか判断しています。ワンタッチボタンを押すときは、パネルをめくりきって、ワンタッチパネルのパネルから手を放した状態で押してください。パネルをめくりながら、ボタンを押さないでください。

  • ワンタッチボタンの付近には、ものを載せたり、液体などをこぼさないように注意してください。

補足
  • ファクス機能を搭載していない機械には、ワンタッチボタンはありません。

  • ワンタッチボタンは、次のどちらかの登録方法で割り当てることができます。工場出荷時は、[タイプ1]で登録されています。

    • [タイプ1]

      1~70は短縮宛先番号用(登録した短縮宛先番号の0001~0070に対応)で、M01~M02は、ジョブメモリー用(登録したジョブメモリーの1番と2番に対応)

    • [タイプ2]

      1~60は短縮宛先番号用(登録した短縮宛先番号の0001~0060に対応)で、61~70、M01~M02は、ジョブメモリー用(登録したジョブメモリーの1~12番に対応)

  • 短縮宛先番号0025 以降を使用する場合は、ワンタッチパネルをめくって使用します。

  • 入力を間違えたときは、タッチパネルディスプレイに表示された宛先を選択し、ポップアップメニューで[削除]を押してから、正しい宛先を指定します。

  • ポップアップメニューの表示中や、項目を選択して、画面が切り替わっている状態では、ワンタッチボタンを押しても認識されません。