親展受信について

親展受信を使用して受信した文書は、親展ボックスに蓄積されます。親展受信するとデータランプが点灯し、親展受信レポートが出力されます。親展受信レポートには、親展ボックスNo.、親展ボックス名称が記載されています。

なお、Fコード方式を使用して親展受信する場合は、相手先に次の情報を伝えてください。

Fコード(サブアドレス):0(Fコード通信を表します)+蓄積する親展ボックスNo.

パスワード(必要に応じて):蓄積する親展ボックスのパスワード

補足
  • IPファクス(SIP)では、FAX信号方式とFコード方式が利用できます。

  • IPファクス(SIP)でVoIPゲートウェイを経由して通信する場合は、FAX信号方式での親展通信を利用できません。Fコード方式の親展通信のみ利用できます。

  • DTMF方式で親展受信できますが、受け付けられる信号は、数字および*、#だけです。

参照