親展通信(親展通信する)

親展通信とは、特定の人以外に見られないように送受信する機能です。

補足
  • IP ファクス(SIP)では、FAX 信号方式とF コード方式の親展通信が利用できます。Fコード方式の親展通信については、Fコード通信(Fコード通信をする) を参照してください。

  • IP ファクス(SIP)でVoIPゲートウェイ経由の場合、FAX信号方式での親展通信も利用できません。F コード通信のみ利用できます。

親展送信(FAX信号方式)

本機側の操作で送信先の親展ボックスに文書を蓄積して、送信先の操作でプリントします。送信先の親展ボックス番号やパスワードの確認が必要です。

親展ポーリング(FAX信号方式)

相手先の親展ボックスに蓄積されている文書を、本機からの指示で送信させます。相手先の親展ボックス番号と暗証番号の確認が必要です。

親展受信した文書は、親展ボックスに蓄積されます。親展受信されるとデータランプが点灯し、親展受信レポートがプリントされます。[親展受信レポート]には、親展ボックス番号、親展ボックス名が記載されています。

注記
  • 一度のポーリングで、複数の親展ボックスから、文書を送信させることはできません。

参照

親展送信(DTMF方式)

親展送信をDTMF方式で指示する場合は、送信先の親展ボックス番号の確認が必要です。DTMF方式で親展送信をする場合、自動と手動の2 つの方法があります。

親展送信(FAX信号方式)

  1. [親展通信]を押します。

  2. [する]を押します。

    image

しない

親展通信を使用しません。

する

親展通信を使用します。[相手のボックス番号]を指定します。

相手のボックス番号

入力エリアを選択してキーパッドを表示させ、送信先の親展ボックス番号を3 桁で入力します。

暗証番号

入力エリアを選択してキーパッドを表示させ、送信先の親展ボックスに設定されている暗証番号を4 桁で入力します。暗証番号が設定されていない場合は、入力は不要です。

親展ポーリング(FAX信号方式)

  1. [ポーリング(相手から取り出し)]を押します。

  2. [する]を押します。

    image
  3. [OK]を押します。

  4. [親展通信]を押します。

  5. [する]を押します。

    image

しない

親展ポーリングを使用しません。

する

親展ポーリングを使用します。[相手のボックス番号]を指定します。

相手のボックス番号

入力エリアを選択してキーパッドを表示させ、相手先の親展ボックス番号を3 桁で入力します。

暗証番号

入力エリアを選択してキーパッドを表示させ、相手先の親展ボックスに設定されている暗証番号を4 桁で入力します。暗証番号が設定されていない場合は、入力は不要です。

自動で親展送信する(DTMF方式)

[宛先追加]画面で[キーボード]を押してキーボードを表示させ、次の形式で入力します。

image

手動で親展送信する(DTMF 方式)

[オンフック(手動送信/受信)]を押してテンキーを表示させ、次の形式で入力します。

image
補足
  • 「!」や「*」などの記号は、タッチパネルディスプレイのキーボートまたはテンキーを使って入力します。入力方法は、文字や数字の入力方法について、および 特殊記号を入力するを参照してください。

  • 暗証番号は必要に応じて入力してください。

  • 弊社のDTMF 方式機能対応機であれば、通信できます。

参照
  • 上記のダイヤル指示の形式を短縮宛先番号に登録し、短縮宛先番号を指定して親展ポーリングすることもできます。詳しくは、宛先表登録(短縮宛先登録)を参照してください。