送信シート(表紙を付けて送信する)

送信シートとは、原稿の先頭ページに表紙を付ける機能です。

送信シートには、送信先、コメント、発信元名、本機のファクス番号、送信枚数、送信日時などが記載されます。

参照
補足
  • [発信元記録]を設定した場合、送信シート自体には発信元記録は記載されません。

  • ダイヤル入力して同報を指示する場合は、送信シート機能は使用できません。必要な場合は、短縮宛先番号に登録してください。

  • 送信シートのサイズおよび解像度は、原稿の1ページめと同じ設定になります。

添付しない

送信シートを添付しません。

添付する

送信シートを添付します。

送信先/発信元コメント

[送信シート-送信先/発信元コメント]画面が表示されます。

送信先および発信元の欄に付けるコメントを選択できます。

No.送信先コメント

送信先の欄に登録されているコメントが表示されます。使用するコメントを選択します。コメントを付けない場合は、[付けない]を選択します。

No.発信元コメント

発信元の欄に登録されているコメントが表示されます。使用するコメントを選択します。コメントを付けない場合は、[付けない]を選択します。

参照

送信シートの見方

送信先:

宛先表の宛先名またはファクス番号が記載されます。

参照

送信先コメント

[No. 送信先コメント]で指定した番号のコメントが記録されます。

発信元:

登録されている発信元名が記録されます。

発信元コメント

[No. 発信元コメント]で指定した番号のコメントが記録されます。

ファクス番号

登録されている自局ID が記録されます。G3 通信の場合はG3ID が記録されます。

送信枚数

送信枚数が記録されます。

送信日時

送信の開始日時が記録されます。

備考

同報、親展、中継同報指示、再送信された場合に記録されます。