IPファクス(SIP)について

IPファクス(SIP)とは、国際標準ITU-T勧告T.38に準拠したインターネットファクスの総称です。

IPファクス(SIP)を利用すると、企業内のIPネットワーク(イントラネット)に接続された機器同士で通信したり、NTT が提供するひかり対応ゲートウェイを経由して、次世代ネットワーク(NGN)対応機種同士で通信することができます。

補足
  • これらの機能を利用するにはオプションが必要になります。詳しくは、弊社の営業担当者にお尋ねください。

  • NGNとは、Next Generation Networkの略称です。

企業内ネットワーク(イントラネット)を利用する

企業内のIPネットワーク(イントラネット)を経由して、イントラネットに接続された機器同士で文書の送受信ができます。イントラネット内では、文書の送受信による通信費がかからないため、本社と各拠点間などの通信に適しています。また、イントラネット内のVoIPゲートウェイを経由すれば、イントラネットの外へ送信する場合でも通信費を削減できます。

補足
  • IPファクス(SIP)機の通信は、イントラネット内に設置された弊社、および株式会社リコーのSIP対応IPファクス搭載複合機種間で交信性を確認しています。対応機については、弊社の営業担当者にお尋ねください。

参照

IPファクス(SIP)は、SIPサーバーやVoIPゲートウェイと組み合わせることで、次のような通信が可能になります。

image

SIPサーバー

SIPサーバーを利用すれば、SIPユーザー名や電話番号で宛先を指定できます。

SIPサーバーには主に次の機能があります。

  • IPネットワーク上の本機のアドレス情報を受け取り、データべースに登録する(レジストラーサーバー)

  • SIPクライアントからのリクエストやレスポンスを中継する(プロキシサーバー)

VoIPゲートウェイ

IPネットワークと公衆電話回線網との間でファクス通信を中継する装置です。G3ファクス機と通信するときに必要です。

補足
  • SIPサーバーおよびVoIPゲートウェイの設置について詳しくは、弊社の営業担当者にお尋ねください。

  • IPファクス(SIP)でサポートされている通信モードはG3です。

参照

IPファクス(SIP)には、4つの接続構成があります。

接続構成によって、宛先の入力形式が異なります。

IPファクス(SIP)機のみ(①)

IPネットワーク(イントラネット)を使ってIPファクス(SIP)機同士で直接通信します。

IPファクス(SIP)機同士なら、相手先のSIP本体アドレスを指定して送信します。

宛先入力例:

SIP本体アドレスの場合1111@192.0.2.1

SIPサーバー設置(②)

IPネットワーク(イントラネット)を使ってSIPサーバーを経由し、IPファクス(SIP)機同士で通信します。

SIPサーバーでアドレス変換を行うので、IPファクス(SIP)機に対しても、SIPユーザー名または電話番号を指定して送信できます。

宛先入力例:

SIPユーザー名の場合1111

電話番号の場合 0312345678

VoIPゲートウェイ設置(③)

IPネットワーク(イントラネット)上のIPファクス(SIP)機同士の直接通信に加え、IPネットワーク上のVoIPゲートウェイを経由して、IPファクス(SIP)機能を持たないG3ファクス機と通信します。

宛先は、IPファクス(SIP)機へは相手先のSIP本体アドレスを、G3ファクス機へは電話番号を指定して送信します。

宛先入力例:

SIP本体アドレスの場合 1111@192.0.2.1

電話番号の場合 0312345678

SIPサーバーとVoIPゲートウェイ設置(④)

IPネットワーク(イントラネット)上のSIPサーバーを経由したIPファクス(SIP)機同士の通信に加え、IPネットワーク上のVoIPゲートウェイを経由して、IPファクス(SIP)機能を持たないG3ファクス機と通信します。

SIPサーバーでアドレス変換を行うので、IPファクス(SIP)機に対しても、SIPユーザー名または電話番号を指定して送信できます。G3ファクス機へは電話番号を指定して送信します。

宛先入力例:

SIPユーザー名の場合1111

電話番号の場合 0312345678