インターネットファクスを送信する

宛先種別で[インターネットファクス]を選択し、送信したい宛先を指定します。

参照
注記
  • 一般のメールで使用する、CC、BCC、Reply-to機能は使用できません。

  • ファクス番号を指定した場合は、エラーになり送信されません。

  • インターネットファクスダイレクトの宛先では、次の方法でメールアドレスを指定します。

    • ホスト名を指定

      例:local-part@device.domain.jp

      @の右側がFQDNであることが必要です。

    • IPアドレスを指定

      例:local-part@[192.0.2.1]

      @の右側にIPアドレスを“[”“]”で指定します。

補足
  • TIFF形式に変換してメールの添付文書として送信されます。

  • 原稿の読み取り中に本機のハードディスクがいっぱいになった場合は、蓄積できたページまでを送信するか、送信を中断するかを選択する画面が表示されますので、どちらかを選択してください。

  • インターネットファクス送信中に本機のハードディスクがいっぱいになった場合は、送信が中止され、文書は削除されます。

  • 本機種以外のインターネットファクス対応機に送信した場合、送信先でプリントされないことがあります。受信側のインターネットファクス機能を確認して送信してください。

  • インターネットファクスで宛先表から宛先を指定する場合、禁止に設定されているドメインであるか確認します。禁止ドメインに設定されている場合、宛先として指定することはできません。