ペーパーセキュリティー(原稿のセキュリティー管理をする)

原稿文書に複製抑制の情報を埋め込み、文書の複製を制限したり、デジタルコードを埋め込み、文書を解析(「いつ」「どの機械で」「誰が」出力したかなど)したりして、セキュリティー管理する機能です。

注記
  • この機能は、弊社のペーパーセキュリティー機能対応機器同士の間だけで有効となります。

  • ペーパーセキュリティー機能による文書の複製制限は、常に機能することを保証するものではありません。原稿や設定条件によっては、機能が有効に働かないことがあります。詳しくは、弊社の営業担当者にお尋ねください。

  • ペーパーセキュリティー機能を使用または使用できなかったことによって発生した損害については、弊社はその責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

  • ペーパーセキュリティー機能により、次のように印字品質が劣化することがあります。

    • 色が濃くなることがあります。

    • 原稿の文字が見えにくいことがあります。

    • 小数点、ピリオドなどの点が見えにくいことがあります。

  • 用紙サイズがA5未満の原稿、背景が白くない原稿、すでに複製管理印刷やペーパーセキュリティー印刷がされている原稿に重複して、ペーパーセキュリティー印刷した原稿では、ペーパーセキュリティーの各機能が正常に動作しないことがあります。

  • ペーパーセキュリティー印刷されていない原稿でも、複製制限コードを検出してコピーできないことがあります。この場合は、機械管理者に依頼して、一時的に、ペーパーセキュリティーの検出をしないように設定してもらってください。

  • 機械管理者モードで[強制アノテーション]の[レイアウトテンプレートの関連付け]でレイアウトテンプレートを設定している場合、そのテンプレートに重なって、複製抑制の情報が埋め込まれます。詳しくは、強制アノテーションを参照してください。

  • 出力紙を分析することによって、システム管理者などが出力者の「識別情報」を把握することになります。ペーパーセキュリティー機能を利用したことによる出力者個人のプライバシーに関わる事項については、弊社は一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

  • ペーパーセキュリティー機能(複製管理拡張キット(オプション)の機能を含む)を使用した原稿に対して、重ねてペーパーセキュリティー機能を使用した場合は、文書の複製制限、デジタルコードの分析機能、隠し文字の抑制効果は働きません。

  • [ペーパーセキュリティーの検出]を[する]に設定すると、複製制限コードを検出する動作をするため、1枚めのコピーが通常よりも遅くなります。

  • ペーパーセキュリティキット(オプション)の隠し印字機能は、プリント濃度、埋め込まれた文字列の表示(白抜き)、文字サイズが固定で、変更できません。

  • ペーパーセキュリティー機能と複製管理機能を同時に使用することはできません。

補足
  • デジタルコードの解析には、弊社アプリケーションPaperSecurity Analyzer(別売)が必要です。PaperSecurity Analyzer の操作方法は、アプリケーション付属のマニュアルを参照してください。

  • この機能は、お使いの機種によっては表示されません。利用するにはオプションが必要になります。詳しくは、弊社の営業担当者にお尋ねください。

しない

原稿のセキュリティー管理をしません。

する

原稿のセキュリティー管理をします。機能ボタンが表示されるので、必要に応じて、任意の項目を設定します。

複製制限コード

埋め込まない

複製制限コードは埋め込まれませんが、デジタルコードが文書に埋め込まれます。

出力した文書の複製は制限されません。

埋め込む

複製制限コードとデジタルコードが文書に埋め込まれます。

出力した文書の複製が制限されるので、コピーはできません。

注記
  • 設定された複製制限コードは、ファクス操作、およびスキャン操作でも同様の制限になります。

文字列(隠し印字)

[ペーパーセキュリティー-文字列(隠し印字)]画面が表示されます。

隠し印字を設定すると、用紙全面に指定した文字列が埋め込まれてコピーされます。

隠し印字を設定してコピーした用紙を、再度コピーすると、ペーパーセキュリティーキット(オプション)装着の有無にかかわらず、埋め込まれた文字列が白抜きになります。

なし

隠し文字列を印字しません。

あり

隠し文字列を印字します。

用紙に埋め込む文字を選択できます。あらかじめ設定されている3種類の文字列、または仕様設定で登録した文字列から指定できます。

参照
原稿セット向き指定

原稿の上の部分を指示するために原稿のセット向きを設定します。

補足
  • 実際の原稿の向きと[原稿セット向き指定]の設定が合っていないと、原稿の上の部分を本機が間違って認識します。

読める向き

原稿の上の部分を、原稿ガラスまたは原稿送り装置に向かって奥側にセットする場合に選択します。

左向き

原稿の上の部分を、原稿ガラスまたは原稿送り装置に向かって左側にセットする場合に選択します。原稿を左向き(文字が横向き)にセットする場合は、必ず[左向き]を選択してください。