大量原稿(原稿を追加する)

原稿送り装置に一度にセットできない枚数の原稿をコピーするときや、原稿ガラスを使用して複数の原稿を1つのジョブとしてコピーするときに設定します。

この機能を設定すると、原稿送り装置で原稿を読み込んでいるときや、原稿ガラスを使用して原稿を読み込むときに、[次の原稿あり]が選択された状態になります。

[仕分け/ホチキス/パンチ/Z折り]で[自動仕分け]を設定していると、ソートで排出されます。

読み込みを終了するときは、[次の原稿なし]を押します。

補足
  • 次の原稿をコピーせずに、放置したまま[自動リセット]の時間が経過すると、残りのコピーを開始するかどうかを設定できます。詳しくは、ジョブ一時停止後の処理を参照してください。

参照

しない

大量原稿コピーをしません。

する

大量原稿コピーをします。

原稿セット向き指定

原稿の上の部分を指示するために原稿のセット向きを設定します。

補足
  • 実際の原稿の向きと[原稿セット向き指定]の設定が合っていないと、原稿の上の部分を本機が間違って認識します。

読める向き

原稿の上の部分を、原稿ガラスまたは原稿送り装置に向かって奥側にセットする場合に選択します。

左向き

原稿の上の部分を、原稿ガラスまたは原稿送り装置に向かって左側にセットする場合に選択します。原稿を左向き(文字が横向き)にセットする場合は、必ず[左向き]を選択してください。

大量原稿実行中の[コピー]画面

コピーを開始すると、[コピー]画面が表示されます。

image

中止

蓄積した原稿データを削除して、コピーをキャンセルします。

次の原稿なし

原稿の読み込みを終了する場合に選択します。

次の原稿あり

次の原稿がある場合に選択します。大量原稿機能を使用しているときは、選択された状態になっています。

スタート

次の原稿をセットして、[スタート]を押すと、続けて次の原稿の読み込みができます。