用紙の設定を変更する

用紙トレイの用紙種類、および用紙種類別の画質処理の設定を変更する方法について説明します。

用紙を用紙トレイにセットしたら、セットした用紙の種類と、用紙の種類に対する画質処理を設定します。用紙の種類ごとに画質処理を設定すると、用紙に合った画質でプリントできます。

参照
補足
  • 用紙種類に表示されるユーザー用紙1 ~ 5 は、ユーザーが任意で名称を付けられる用紙です。ユーザー用紙1~5の名称の設定方法は、ユーザー用紙属性の名称設定を参照してください。

  • 用紙種類の設定は、あらかじめ設定しておけば、機械管理者モードに入らなくても、ホーム画面の[登録/ 変更]を押して表示される[登録/ 変更]画面で変更できます。[登録/ 変更]画面で用紙種類を変更するための設定は、登録/変更画面からのトレイ設定変更を参照してください。

  1. [仕様設定/登録]画面を表示します。

    image
    補足
    • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

    参照
  2. [仕様設定]>[共通設定]>[用紙/トレイの設定]を押します。

    image
  3. [用紙トレイのサイズ/用紙種類/属性設定]を押します。

    image
  4. [設定項目]で、用紙種類を変更する用紙トレイを選択します。

    image
  5. [用紙選択]を押します。

    image
  6. [用紙種類]、[用紙サイズ]、[色]、[自動選択条件]をそれぞれ設定します。

    image
    補足
    • [用紙種類]に表示される坪量は、[用紙種類別画質処理]の設定によって異なります。詳しくは、手順9を参照してください。

  7. [用紙/トレイの設定]画面が表示されるまで、[OK]、[決定]または[×]を押します。

  8. [用紙種類別画質処理]を押します。

    image
  9. [設定項目]で、画質処理を変更する用紙種類を選択し、[確認/変更]を押します。

    image
  10. 変更する画質処理の設定値を選択し、[決定]を押します。

    image
  11. [仕様設定/登録]画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

  12. [×]を押します。