用紙をセットする

ここでは、用紙トレイに用紙をセットする方法について説明します。

用紙トレイにセットする用紙の種類について

用紙トレイにセットした用紙のサイズと向きは、機械が自動的に検知しますが、用紙の種類は、設定が必要です。通常、各トレイは、普通紙が設定されています。ほかの種類の用紙をセットする場合は、設定を変更してください。また、用紙に名前を付けて、ユーザー定義用紙として設定することもできます。ユーザー定義用紙は5 種類まで設定できます。

注記
  • 1つのトレイに異なるサイズの用紙を重ねてセットしないでください。

補足
  • 用紙トレイには、用紙サイズに応じて、ラベルを貼ります。

  • 用紙トレイには、用紙の紙質が設定されています。通常は、普通紙が設定されています。異なる紙質の用紙に変える場合は、印字品質を保つため、セットする用紙に合わせて、紙質の設定を変更してください。紙質の設定については、用紙の設定を変更するを参照してください。

  • 非定形サイズの用紙をセットする場合は、用紙サイズの登録が必要です。登録方法については、用紙トレイのサイズ/用紙種類/属性設定を参照してください。

参照

自動トレイ選択について

プリントの場合は、ART EX プリンタードライバーのプロパティ画面で、[トレイ/排出]タブの[用紙トレイ選択]を[自動]にしてプリントを指示すると、機械はプリントする原稿のサイズと向きから、該当する用紙トレイを選択します。これを、「自動トレイ選択」と呼びます。

コピーの場合は、[用紙選択]で[自動]を選択した場合に、自動トレイ選択が働きます。

この自動トレイ選択で、該当する用紙トレイが複数ある場合は、用紙トレイの[用紙種類]に設定している用紙種類の、[用紙種類の優先順位]が高いトレイを選択します。このとき、[用紙種類の優先順位]の設定を[自動トレイ選択しない]に設定しているトレイは、自動トレイ選択の対象にはなりません。また、[用紙種類の優先順位]がまったく同じ場合は、[用紙トレイの優先順位]で決定されます。

補足
  • 用紙トレイに設定している[自動選択条件]の設定によっては、自動トレイ選択の対象にならないことがあります。自動選択条件については、用紙トレイのサイズ/用紙種類/属性設定を参照してください。

image
補足
  • トレイ5(手差し)は、自動トレイ選択の対象外です。

  • コピーまたはプリント中に用紙がなくなったときは、コピーまたはプリントしていた用紙と同じサイズで同じ向きの用紙が入ったトレイを選択して、コピーまたはプリントを続けます(自動トレイ切り替え機能)。このとき、[用紙種類の優先順位]を[自動トレイ選択しない]に設定している種類の用紙が入ったトレイには、切り替えません。

参照
  • [用紙トレイの用紙種類]、[用紙種類の優先順位]、[用紙トレイの優先順位]の設定や、用紙の置き替え機能設定については、用紙/トレイの設定を参照してください。また、CentreWare Internet Services からも同様の設定ができます。

用紙補給について

コピーやプリント中に用紙がなくなると、操作パネルのディスプレイにメッセージが表示されます。メッセージに従って、用紙を補給してください。用紙を補給すると自動的にコピーやプリントが再開されます。

注記
  • 節電状態のときに用紙を補給しないでください。用紙を補給するときは、電源/節電ボタンを押し、ホーム画面の[機械確認(メーター確認)]を押してから補給してください。

補足
  • 紙づまりを起こしたり、複数枚が同時に送られたりすることがあるので、用紙トレイにセットする前に、用紙をよくさばいてください。