Ethernetインターフェイスでの接続

Ethernetインターフェイスは、次の3種類に対応しています。

  • 1000BASE-T

  • 100BASE-TX

  • 10BASE-T

補足
  • 本機はデータ送受信が行われていないときにイーサネット機器の電力消費を低減する有線LAN準拠規格IEEE802.3azに対応しています。この規格で節電効果を得るには接続する双方の機器がIEEE802.3azに対応している必要があります。

  • 次の不具合が発生する場合、[仕様設定/登録]>[仕様設定]>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[Ethernet設定]>[Energy Efficient Ethernet]を[無効]に設定すると改善することがあります。工場出荷時は、この項目は[有効]に設定されています。

    • 本機のネットワーク接続が遅い

    • 本機のネットワーク接続が不安定で、頻繁にタイムアウトする

    • 長時間のスリープモードから復帰した後に、本機がネットワークに接続できなくなる

Ethernetインターフェイスを使用するときの設置手順について説明します。

  1. 電源/節電ボタンを押し、[電源を切る]を選択して、電源を切ります。

  2. タッチパネルディスプレイと電源/節電ボタンが消灯していることを 確認します。

  3. 正面カバーを開けます。

  4. 主電源スイッチの[icon]側を押して、主電源を切ります。

  5. Ethernet インターフェイスのコネクターに、ネットワークケーブルを接続します。

    補足
    • ネットワークケーブルは、お使いのネットワークの接続形態に合ったケーブルをご用意ください。また、ネットワークケーブルを交換する場合は、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご相談ください。

    • セカンダリーイーサネットキット(オプション)を装着していない場合

    image
    • セカンダリーイーサネットキット(オプション)を装着している場合

    image
  6. 主電源スイッチの[|]側を押して、主電源を入れます。

  7. 正面カバーを閉じます。

  8. 電源/節電ボタンを押して、電源を入れます。

    参照